サプライチェーンマネジメント

印刷用ページへ

基本的な考え方

三菱電機グループでは、国内外のお取引先を公平・公正に選定・評価するため、「資材調達基本方針」及び「CSR調達指針」の考え方をお取引先に説明し、ご理解いただくとともに、三菱電機グループが定める取引先選定評価基準に基づきお取引先を適正に評価することで、サプライチェーンにおけるリスクを低減させています。

三菱電機グループでは、取引先選定評価において評価項目に品質・価格・納期・サービス対応の他、環境規制への取組、CSRへの取組を含めています。総合的に評価の高いお取引先から優先的に調達することを基本方針としています。

資材調達基本方針

三菱電機グループでは、次の3つの基本方針に基づき、資材を調達しています。

  1. Easy Access And Equal Opportunity
    1. ~常に公平に新しいパートナーを求めています~
    2. 広く門戸を開放して公正にお取引先を選定し、契約にもとづく誠実な取引を行います。
  2. Mutual Prosperity
    1. ~相互理解を深め、信頼関係の構築に努めています~
    2. 製品の開発段階からお取引先の参画を得て、コスト・技術面などでWin-Win関係を構築します。
  3. Ecological Soundness
    1. ~環境負荷の少ない資材の調達を推進します~
    2. お客様からの要求内容と環境関連法規を踏まえて、環境負荷の少ない部品・サービス等を調達します。

CSR調達指針

2007年に「CSR調達指針」を定め、この指針に基づき、資材調達活動を行っています。

また、CSRへの取組に対する三菱電機の考え方やお取引先に遵守いただきたい事項をより周知するため、2018年より「CSR調達ガイドライン」を制定いたしました。今後、本ガイドラインの内容についてお取引先へ活動推進に向けた同意確認を実施していきます。

  1. 国内外の法令及び社会規範の遵守
    1. (1)法令遵守の徹底
    2. (2)人権尊重、あらゆる差別・児童労働並びに強制労働の禁止
    3. (3)適切な労働環境の整備、安全衛生への配慮
  2. 製品・サービスの品質と安全性の確保
  3. 環境への配慮
    1. (1)環境負荷の少ない資材の調達
    2. (2)環境マネジメントシステムにもとづく有害化学物質管理の徹底
  4. 企業倫理にもとづく公正な取引の推進
    1. (1)公正、対等な立場での、法令、契約にもとづく誠実な取引の実行
    2. (2)情報システムセキュリティー構築による情報の管理・保護の徹底
    3. (3)不正、贈賄等、企業倫理にもとる腐敗行為の徹底排除

サプライチェーンマネジメントの推進体制

三菱電機グループでは、2017年4月よりWΣ21Ⅱ(Worldwide Strategic Integration for Global Markets in the 21st century Advance to the Next Stage)活動を実施しており、地域別最適調達に向けた活動推進のため、中国、アジア、欧州、米州の4地域で資材企画室を設置し、資材責任者会議等で購買戦略を展開しています。それに伴い、サプライチェーンも事業活動を行う様々な国にまで広がっており、労働法制や環境問題等、多様な問題があると認識し、こうしたリスクへの低減に向けた活動を推進していきます。

WΣ21Ⅱ:三菱電機グループの経営目標である「2020年度までに連結売上高5兆円、営業利益率8%以上」の実現に向けた資材部門の活動

  1. 活動期間:2017/4/1~2020/3/31までの3年間
  2. 重点活動項目
    1. (1)目標原価達成に向けた原価企画活動の進化
    2. (2)サプライヤと一体となった機種競争力の強化
    3. (3)グローバルでの地域別最適調達の推進
    4. (4)サプライチェーンマネジメントの強化
    5. (5)活動施策を支えるプラットフォームの構築
三菱電機グループのサプライチェーン

三菱電機グループのサプライチェーン


主要地域における現地調達比率(三菱電機グループ)

主要地域における現地調達比率(三菱電機グループ)

  • ※1現地調達比率:海外生産拠点が、それぞれの裁量で調達している材料・部品等(原産国にはよらない)
  • ※2地産率:現地調達のうち、海外拠点所在国の原産品の調達比率
  • ※3他国産:現地調達のうち、海外拠点所在国以外の原産国からの調達比率

責任ある鉱物調達への取組

三菱電機グループでは、コンゴ民主共和国及びその周辺国における武装勢力の人権侵害、環境破壊などの問題を重大な問題ととらえています。この武装勢力は紛争鉱物※の取引を資金源にしていると言われており、これらの問題を助長したり、加担したりすることのないよう、サプライチェーンの透明性をはかり、責任ある鉱物調達の推進に取り組んでいきます。

  • 上記諸国において採掘される金、錫、タンタル、タングステン、その他(米国国務省が資金源と判断する鉱物)

紛争鉱物規制に関する調査

三菱電機は一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)の「責任ある鉱物調達検討会」に参加し、業界団体と連携した本規制への対応を進めています。お取引先への調査は、自動車業界や電機電子業界などが共通的に使用する調査様式(EICC-GeSI紛争鉱物報告テンプレート)を使用して行っています。2017年度では、約1000社のお取引先に調査を実施し、95%のお取引先から回答を入手しています。製錬業者情報の精度の向上などをお願いしており、本規制への対応を引き続き進めていく方針です。

  • EICC:電子業界CSR推進アライアンス
  • GeSI:グローバル・eサスティナビリティイニシアティブ
2017年度の精錬業者の特定状況(特定した精錬業者:延べ12,000社)
タンタル タングステン
57% 63% 61% 61%

特定した精錬業者のうち、約75%が紛争フリーと判明しています。

サプライチェーンにおけるCSRへの取組強化

環境課題への取組(2006年~)

2006年以降、三菱電機グループでは、お取引先の環境問題への取組状況を「グリーン認定制度」により評価しています。これは、三菱電機グループの「グリーン調達基準書」に基づき、お取引先の環境マネジメントシステム認証取得状況や環境関連法規遵守状況、納入品に含有する化学物質管理状況などを調査し、基準に達したお取引先を認定していく制度です。三菱電機グループでは、この制度を通じてお取引先の環境問題への取組状況を適正に評価し、認定水準に満たないお取引先には適切なアドバイスを行い是正いただくことで、環境リスクを低減させています。

社会的な課題への取組(2009年~)

2009年より人権、労働慣行、安全衛生、法令遵守、製品安全性など、CSRへの取組状況も取引先評価項目の一つに追加しています。また、2018年に制定したCSR調達ガイドラインにはRBA(Responsible Business Alliance:責任ある企業同盟)が策定・公表しているRBA行動規範(RBA Code of Conduct : Version 6.0)とJEITAの資材委員会より発行された「サプライチェーンCSR推進ガイドブック」の内容が含まれており、国際的な基準に由来しています。お取引先が本ガイドラインの内容を推進いただくことを確認するために、本ガイドラインの最終頁には「同意確認書」を添付しています。

  • 三菱電機グループの「グリーン調達基準書」「CSR調達ガイドライン」は、下記に掲載しており、法令や社会規範などの変化にあわせ、適宜見直しています。

【三菱電機について】グリーン調達・CSR調達


お取引先への依頼事項

三菱電機グループの調達基本方針及びCSR 調達指針をご理解いただくとともに、貴社サプライチェーンに対しても周知いただきますようお願いいたします。また、三菱電機グループではサプライチェーンで取り組むべき重点内容を以下のとおり設定していますので、貴社内及び貴社サブライヤー様へ周知徹底をお願いいたします。特に、新規お取引先につきましては、原則として三菱電機グループのCSR調達指針をご理解いただいた上、遵守への同意並びに調査票のご提出をお願いしています。

詳細につきましては、弊社各種ガイドライン(グリーン認定基準書、CSR調達ガイドライン)をご参照ください。

【三菱電機について】グリーン調達・CSR調達

  1. 法令及び社会規範の遵守
    1. 事業を行う各国・地域の法令、国際的取決め、取引倫理、社会規範などの遵守をお願いいたします。
      (贈賄・横領・違法政治献金などの腐敗行為排除、独禁法・下請法・外為法などの関連法令遵守、知的財産の違法な入手・使用の禁止、適切な情報開示、契約にもとづく誠実な取引の実行など)
  2. 人権の尊重
    1. 事業を行う各国・地域において、基本的人権の尊重をお願いいたします。
      (強制労働・児童労働・虐待・人身売買・ハラスメントなどの非人道的扱いの禁止、あらゆる差別の禁止、適切な賃金の支払い、適切な労働時間の管理、団結権の尊重など)
  3. 安全衛生への配慮
    1. 事業を行う各国・地域において、安全衛生への配慮をお願いいたします。
      (機械装置類などへの安全対策、事故や健康障害の発生リスクの評価と対策、大規模災害・事故などに対する事前対策など)
  4. 環境への配慮
    1. 環境負荷の少ない製品・サービス提供のための取組をお願いいたします。
      (環境マネジメントシステムの認証取得・維持管理、環境関連法令の遵守、製品に含有する化学物質の適切な管理など)
  5. 製品・サービスの品質と安全性の確保
    1. 提供する製品・サービスの品質・安全性確保のための取組をお願いします。
      (安全性確保のための設計・評価・試験、安全性に関わる法令等の遵守、品質マネジメントシステムの構築・維持管理など)
  6. 情報システムのセキュリティー対策
    1. コンピューターネットワークへの脅威に対する適切な防御への取組をお願いいたします。
      (コンピューターウィルス、サイバーアタックに対する防御策構築、機密情報・個人情報の適切な管理による情報漏洩防止など)

お取引先に対するCSRへの取組評価状況

取引先調査の基本的な考え方

三菱電機グループでは、お取引先の「グリーン調達基準書」及び「CSR調達ガイドライン」の要請事項おける取組を確認するため、購入額上位80%に含まれる主要お取引先に対し、調査票への回答をお願いしています(新規取引では取引開始検討時に、継続取引では一定期間経過(原則3年ごと)時に実施)。お取引先からの回答に対する三菱電機グループによる評価結果をフィードバックするとともに、評価の低い項目があるお取引先とは個別打合せなどによるコミュニケーションを図り、是正をお願いしています。なお、CSR調達ガイドラインの制定にあわせ、調査票の様式を2018年より改訂しました。

活動経緯

2006年から国内のお取引先を調査対象としていましたが、2017年度以降は海外のお取引先も対象に加え調査を実施しています。2017年度は中国及びタイ地区を重点的に調査対象としていますが、その他の地域についても今後調査活動を推進していきます。特に2018年度は欧州や米国のお取引先への拡大に注力していきます。


「グリーン認定・CSR調達に向けた調査票」の回収状況(三菱電機グループ)
 (2006年~2008年はグリーン認定調査のみ。2009年以降はCSRの項目を加えた調査を実施)
2006年 2,656社
2007年 1,390社
2008年 534社
2009年 1,932社
2010年 954社
2011年 929社
2012年 1,395社
2013年 771社
2014年 675社
2015年 1,704社
2016年 1,062社
2017年 1,178社(内 海外:約400社)
  • 全取引先数:約25,000社(2017年度)
  • 新規取引先評価実施率は100%(2017年度)
  • 上記件数には、改善指導実施後、再度調査票が提出されたケースも含みます。
  • 2017年度では評価の結果、取引関係を解消したお取引先はありませんでした。
2017年度グリーン認定のお取引先認定比率(三菱電機グループ)
2017年度グリーン認定のお取引先認定比率
(三菱電機グループ)
2017年度グリーン認定のお取引先認定比率(三菱電機グループ)
2017年度グリーン認定のお取引先認定比率(三菱電機グループ)

2017年度の指導社数及び改善指導内容(三菱電機グループ)
項目 指導社数 主な改善指導内容
環境 11社 含有化学物質規制への更なる取組強化(主にRoHS2指令改正への対応)
人権・労働慣行・安全衛生 15社 労働時間管理の改善、危険箇所の是正、機械装置等の安全対策強化
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)

お取引先とのコミュニケーション

お取引先との意見交換
お取引先との意見交換

三菱電機グループでは、「資材調達基本方針」及び「CSR 調達指針」の考え方をお取引先にご理解いただくため、各事業所においてお取引先への説明会を開催しています。このような活動を通して三菱電機グループの考え方にご賛同いただき、お取引先においてもCSR への取組を更に進めていただくようお願いしています。

従来と同様、2017年度もお取引先への説明会を実施しており、BCPセミナーや欧州RoHS指令などの化学物質規制改正がかかわる説明会やコンプライアンスに関連する講座(輸出管理、情報セキュリティー管理、下請法等)も開催しました。また、調査票の内容に基づき定期的にお取引先と会話を行い、意見交換も実施しています。今後もお取引先とはコミュニケーションを密にし、CSR への取組を更に進めていただくための説明会などを開催していきます。

  • BCP(Business continuity planning):災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画。

また、三菱電機グループでは、海外のお取引先にも三菱電機グループの考え方をご理解いただくことが重要と考えており、海外拠点におけるCSR 説明会開催などを進めています。

2017年度実績
  拠点数 参加社数
CSR説明会 24 (国内)約1,800社 (海外)243社
BCPセミナー(耐震・減災への対応) 13 約400社
化学物質規制説明会 19 約5,000社
  • 社数は延べ数
各事業所におけるお取引先への説明会
各事業所におけるお取引先への説明会
各事業所におけるお取引先への説明会
各事業所におけるお取引先への説明会(通信機製作所、受配電システム製作所、タイ地区)

キーサプライヤーとのパートナーシップの強化

三菱電機グループでは、中期的視点に立ったお取引先とのより良い取引関係構築が重要と考えており、取引先選定評価において総合的に評価の高いお取引先から優先的に調達しています。また、特に事業を推進する上で重要なお取引先は「キーサプライヤー」と位置づけ、「キーサプライヤー」とは製品性能にかかわる重要部品や高度な技術力を要する部品などで、開発の源流段階から部品・材料の共同開発、先端製品の採用、VEの推進など、パートナーシップを築き、コストを共に創り込む活動(コスト共創活動)を展開しています。

  • VE:製品などの本質的機能を得るための最小原価を、部品などの段階から求める手法。

この取組では、小型軽量化による材料の使用量削減や環境に対する負荷低減を推進し、三菱電機とお取引先双方にとって売上げ拡大や技術力の向上につながるWin-Winの関係を構築しています。

三菱電機は、2003年度以降、キーサプライヤーとともに、開発の源流段階からコスト共創活動を推進し、大きな成果をあげており、本活動は今後も積極的かつ継続的に取り組んでいきます。

また、欧米・中国・アジアなど、海外においても日本国内での取組と同様に、お取引先と価格、品質、納期などの面で競争力強化に向けた取組を共に進めていくことが重要と考えており、その取組を強化するため、海外でのVE事例発表会やVE講習会などを積極的に展開しています(英国、米国、中国、タイ、インドネシア、メキシコ、インド、コロンビア等)。筆記試験・VE実践などにより一定水準に達したことを確認できた受講者には、インストラクター資格を与えるなど、人材育成にも努めています。

海外においても評価の高いお取引先とのパートナーシップ構築は重要と考えており、2017年度も、価格、品質、納期などの面で特に成果の大きかったお取引先を表彰するなど、お取引先とのより良い関係づくりを継続的に進めています。

東南アジア地区におけるVE講習会(インドネシア)
東南アジア地区におけるVE講習会(インドネシア)
東南アジア地区におけるVE講習会(インド)
東南アジア地区におけるVE講習会(インド)
東南アジア地区でのお取引先表彰(マレーシア)
東南アジア地区でのお取引先表彰(マレーシア)
中国地区におけるお取引先との打合せ
中国地区におけるお取引先との打合せ

調達関連法規に関する教育の実施

三菱電機グループでは、調達業務に携わる社員に業務を遂行する上でかかわりのある法令を遵守させるため、調達関連法規に関する様々な教育を行っています。例えば、国内では独占禁止法、下請代金支払遅延等防止法、建設業法など、調達業務に特に関わりのある法令に関し、「資材調達関連法規講座」を開催し、遵守徹底に向けた指導・教育を行っています。また、海外においても、贈収賄や横領など、公正な取引に反する行動がないよう、行動指針やチェックシートを使用した指導・教育、調達業務に携わる現地社員などを対象にした調達関連コンプライアンス教育などを行っています。サプライチェーンにおけるCSRへの取組を更に進めていくため、「サプライチェーンCSR推進検討会」開催などによる各事業所活動情報・指導情報の共有化、調達部門社員向けCSR教育などを行い、CSRへの取組を一層強化しています。

タイ地区における調達関連コンプライアンス教育
タイ地区における調達関連コンプライアンス教育
調達部門社員向けCSR教育
調達部門社員向けCSR教育