東部研究所地区の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
地域の自然との共生に向けて様々な取組を実施
東部研究所地区

東部研究所地区がある鎌倉市は、山の間に田や畑が広がる「谷戸(やと)」とよばれる地形が特徴で、多様な生きものが生息する土地です。豊かな自然に配慮した緑地管理をすべく、2014年6月から2015年1月にかけて生きもの調査を実施しました。現在、この調査結果に基づく取組を進めています。

研究所所在地

〒247-8501 神奈川県鎌倉市大船5-1-1

主な研究内容

情報、マルチメディア、光電波・通信技術分野の研究開発

主な取組テーマ

  • 外来植物の適切な管理についての研究と実践[A-1-(2)]
  • 在来植物の苗の育成と導入[B-4-(2)][B-4-(3)]
  • グループの他の事業所や地域住民を対象とする情報発信[C-7-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 外来種の駆除、防除について、優先順位をつけて段階的に実施
  • 外来植物管理についての研究と、在来植物の圃場の機能を備えた「生物多様性に配慮した緑地」を整備
  • 「生物多様性に配慮した緑地」を活用し、取組に関する展示を実施
  • 敷地内で地域の子ども向けの環境教育を実施

東部研究所地区の活動テーマ

外来種の駆除などを実施。在来種の導入や情報発信も

東部研究所地区では、生きもの調査の結果をもとに、調査会社の方や、地域の有識者にもご意見を伺って活動の内容を定めました。現在は、外来種の駆除・防除と、「生物多様性に配慮した緑地」の整備に取り組んでいます。この緑地は、在来種の導入、社員の教育、外部への情報発信などに活用する予定です。

主な活動内容

駆除・防除すべき外来植物の優先順位を明確化して対処

生きもの調査の結果、構内の植物の6割を外来植物が占めていることが分かりました。その中から、在来の生物に対して侵略的な外来植物を特定し、構内における生育状況や動物による利用状況、植物の生活史等から、緊急度の高さに応じて4つに区分しました。現在は、最も緊急性が高い「積極的対応外来植物」6種類の駆除・防除に取り組んでいます。

Step1 侵略的な外来植物を特定

侵略的な外来植物を特定
  • 本活動は2014年から開始しており、2015年の「生態系被害防止外来種リスト」発表以前は「要注意外来生物リスト」を参考としました。

Step2 対処の緊急性を判断

対処の緊急性を判断

Step3 「積極的対応外来植物」から対処に着手

コマツヨイグサ
コマツヨイグサ
オオアレチノギク
オオアレチノギク
ヒメムカシヨモギ
ヒメムカシヨモギ
セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ
シンテッポウユリ
シンテッポウユリ
メリケンカルカヤ
メリケンカルカヤ

駆除・防除のサイクル

駆除・防除のサイクル

「生物多様性に配慮した緑地」を整備、活用

2015年度から、構内にある三菱ENEDIAハウス大船の前で、「生物多様性に配慮した緑地」とよばれる特別な緑地の整備を開始しました。この緑地は、外来植物の管理についての研究と、在来植物の圃場の2つの機能を備えており、取組情報の発信拠点としての役割も担います。

生物多様性緑地の概要

「生物観察会」を継続的に開催

2016年4月の生物観察会
2016年4月の生物観察会

東部研究所地区では、地域の子どもたちに生きものの大切さを伝える「生物観察会」を継続的に開催しています。構内の樹木などを教材にとり、「知ってもらう、興味を持ってもらう」をコンセプトに、レクリエーションなどを交えて分かりやすい内容を心がけています。

今後は、外来生物による問題などを知っていただくプログラムなども実施していく予定です。


フォトギャラリー


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報