パワーデバイス製作所(福岡)の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
構内にある水路周辺の環境を保全
パワーデバイス製作所(福岡)

パワーデバイス製作所では、1944年の開設当初から、もともとあった小川(旧松本川)を雨水などを流す水路として活用しています。生きもの調査の結果、この水路周辺に豊かな生態系が保たれていることが確認されたことから、この環境を保つことを主軸に据えた緑地管理を検討しています。

事業所所在地

〒819-0192 福岡県福岡市西区今宿東一丁目1番1号

主な取扱製品

パワーモジュール、大電力パワーデバイス、半導体センサー、トランジスターアレイ、HVIC

主な取組テーマ

  • 事業所内を流れる水路(旧 松本川)の環境を保全[A-2-(2)] [B-4-(2)]
  • 植栽の一部を見直し、在来種を導入[B-4-(3)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 護岸などがほとんど行われていない水路環境の保全に取り組む
  • 植栽の一部を地域在来種に植え替え、在来種の昆虫が利用しやすい環境をつくるなど、
    土地本来の環境との調和を意識

パワーデバイス製作所(福岡)の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

パワーデバイス製作所(福岡)の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

水路の環境保全を主軸に、在来種の導入など植栽の見直しも検討

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制
  • (1)環境アセスメント
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理
  • (1)生きもの殺傷の抑制

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)周辺生態系への貢献
  • (2)「都市生態系」の質向上
  • (1)飛翔性生物の利用地
  • (2)「みどり+生きもの」優先地
  • (3)敷地周辺への連続性の提供
  • (4)周辺生態系の課題への協力
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物の特性に合う緑地管理

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受(休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。

生きもの調査結果

パワーデバイス製作所(福岡)は、外部の調査会社の協力のもと、2015年、2016年の2年間(計8回)にわたって生きもの調査を実施しました。この結果、527種の動植物を確認できました。

  • このほかに、敷地内の水路とつながる河川をさかのぼり、そのルートと環境を確認する「河川補足調査」を1回実施

考察と行動

事業所内の水路に貴重な環境が残されていることが判明

2015年7月の生きもの調査の結果、製作所内の水路(旧 松本川)に、農業用水や小川の環境を好む魚類や両生類、トンボなどが多く生息していることが分かりました。この結果は以降の調査でも裏付けられています。この水路は、かつてこの地域を流れていた「松本川」の一部です。1970年頃から始まった周辺の宅地開発によって水源が切り離されたため、現在は「川」とは見なされていませんが、製作所内には、ほぼ当時のままの姿が残っています。そのため、かつてのこの地域に広く見られた水辺の環境に近い生態系が保たれていると考えられます。この環境をできるだけ保全するための検討を進めています。


水路沿いなどで植栽の見直しを検討

2015年10月、当事業所の緑地管理に関わる担当者や関係会社が集まり、生きもの調査の結果を踏まえて、今後の活動の方向性を検討しました。当日は、調査に協力いただいた(株)地域環境計画のご担当者に、主要エリアごとの生きものの生息状況の報告と今後の活動へのアドバイスをいただきました。

この内容を踏まえて、現在、緑地管理を担当する関係会社などと協力し、工事や植え替えの機会に植栽を見直す取組を進めています。特に水路沿いで、ヤナギやエノキなど地元の川辺に多い樹種を増やすことを検討しています。

調査会社の方からの報告
調査会社の方からの報告
報告で言及されたエリアについて実地で説明
報告で言及されたエリアについて実地で説明

報告の主なポイント

  • 敷地内を流れる水路周辺に、農業地帯の豊かな生態系が保たれていた。
  • 水路の下流では海から川へ遡上してくるニホンウナギなどの生きものも確認した。
  • イスノキ、クロガネモチ、ネズミモチなどがまとまって植栽されている敷地角部で、クロコノマチョウなど雑木林に生息する種を確認した。
  • 伐採した樹木を仮置きしている場所で、里地里山に生息するツクシマイマイ、キュウシュウナミコギセルなどの陸産貝類を確認した。

主なアドバイス内容

  • 水路は岸の大半がコンクリートで固められておらず、草で覆われているので、ミナミメダカやドンコなどの小川の生きものが生息しやすい環境。
  • ニホンウナギやモクズガニなどは、今津湾から河川を遡上し、製作所内の水路にやってきている可能性がある。遡上の途中経路と考えられる市街地の水路は植物が少ないことから、水路(旧松本川)はこれらの生き物にとって住みやすい環境であるといえる。今後もこの状態を保ってほしい。
  • 水路沿いの植栽を見直し、地元の樹種の比率を増やすなどすれば、もっと多くの生きものを呼び込める可能性もある。

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報