パワーデバイス製作所(福岡)の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
構内にある水路周辺の環境を保全
パワーデバイス製作所(福岡)

パワーデバイス製作所では、1944年の開設当初から、もともとあった小川(旧松本川)を雨水などを流す水路として活用しています。生きもの調査の結果、この水路周辺に豊かな生態系が保たれていることが確認されたことから、この環境を保つことを主軸に据えた緑地管理を検討しています。

事業所所在地

〒819-0192 福岡県福岡市西区今宿東一丁目1番1号

主な取扱製品

パワーモジュール、大電力パワーデバイス、半導体センサー、トランジスターアレイ、HVIC

主な取組テーマ

  • 事業所内を流れる水路(旧 松本川)の環境を保全[A-2-(2)] [B-4-(2)]
  • 植栽の一部を見直し、在来種を導入[B-4-(3)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 護岸などがほとんど行われていない水路環境の保全に取り組む
  • 植栽の一部を地域在来種に植え替え、在来種の昆虫が利用しやすい環境をつくるなど、
    土地本来の環境との調和を意識

パワーデバイス製作所(福岡)の活動テーマ

水路の環境保全を主軸に、在来種の導入など植栽の見直しも検討

環境施設課 課長
春日 宏之
環境施設課 課長春日 宏之

パワーデバイス製作所(福岡)の敷地内にはかつて「松本川」と呼ばれていた水路があります。これは、製作所を建設した際に小川をそのまま水路として構内に取り入れたもの。護岸工事をほとんどしていないこともあって、淡水の池や水田、流れの緩やかな川などを好む生きものが多く観察できます。その中には、昔からこの地域に生息していた生きものも含まれていると考えられます。

旧松本川は周辺の開発で水源と切り離されているため、流れている水は、製作所内に降った雨水。いわば当製作所が水源ということになります。調査では海から遡上してきたとみられる生きものも確認されるなど、多くの生きものがこの水路を利用していることが分かっています。

この貴重な環境を守っていくとともに、水路沿いの植栽の一部をヤナギやエノキに植え替えるなど、土地本来の植生に近づける取組も検討しています。

敷地内にはこのほかにも、ある程度まとまった樹林環境があることから、雑木林を好む昆虫や鳥、貝の仲間なども見つかっています。こうした環境の維持も視野に入れて取り組んでいきます。

農業用水や小川の環境を好む魚類や両生類、トンボなどを確認
農業用水や小川の環境を好む魚類や両生類、トンボなどを確認
在来のチョウなどが利用しやすくなるよう、地元に生育するヤナギやエノキの増殖を検討
在来のチョウなどが利用しやすくなるよう、地元に生育するヤナギやエノキの増殖を検討
まとまった樹林環境を維持していることにより、雑木林を好む昆虫や鳥などを確認
まとまった樹林環境を維持していることにより、雑木林を好む昆虫や鳥などを確認

事業所周辺環境の変化

設立当時(1944年撮影)
水路(旧 松本川)
建設当時の製作所は水田に囲まれていました
1970年代(1975年撮影)
水路(旧 松本川)
1970年頃から製作所周辺の宅地化が進みました
現代(2007年撮影)
※空中写真3点は国土地理院地図・空中写真閲覧サービスにて公開のデータを加工

フォトギャラリー



このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報