伊丹地区の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
生きもの調査結果を踏まえて、
希少種保護や工事に伴う代替環境の創造を検討
伊丹地区

伊丹地区では2016年5月から4回に分けて生きもの調査を実施しました。敷地内の水辺、鎮守の森(樹林)、竹林、水路沿い、草地を見て回り、トラップなども用いて調べたところ、緑が少ない中でも多様な生きものが確認でき、希少な種も見つかりました。

これらの調査結果を踏まえて、外来生物の防除や希少種の保全、構内従業員への情報発信などの取組を検討しています。また、敷地内で大規模な工事が続いていることから、例えば撤去される水路に代わってビオトープを新設するなど、生きものが暮らしやすい環境を残すための検討も進めています。

事業所所在地

〒661-8661 兵庫県尼崎市塚口本町八丁目1番1号

主な取扱製品

交通システム・エンジニアリング(車両システム、交通情報通信システム)及び車両用電機品(主電動機、制御装置、電源装置、ブレーキ電機品、車上情報装置、車上保安装置ほか)

主な取組テーマ

  • 生きもの調査で確認された外来生物の防除を検討[A-1-(2)]
  • 生きもの調査で発見した希少種を保護[A-2-(2)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 敷地内で大規模な工事が続いていることから、「工事前後で生物や植物がどう変わるのか」というテーマを設定して生きもの調査を実施
  • 構内にある鎮守の森で希少な「ムクロジ」が発見されたことから、この保護を検討
  • 工事に伴い環境が大きく変わる場所もあることから、生きものが暮らしやすい環境を残すための工夫を検討

伊丹地区の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

伊丹地区の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

希少種保護と生きものが暮らしやすい環境の保全に注力

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制
  • (1)環境アセスメント
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理
  • (1)生きもの殺傷の抑制

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)周辺生態系への貢献
  • (2)「都市生態系」の質向上
  • (1)飛翔性生物の利用地
  • (2)「みどり+生きもの」優先地
  • (3)敷地周辺への連続性の提供
  • (4)周辺生態系の課題への協力
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物の特性に合う緑地管理

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受(休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。

生きもの調査結果

伊丹地区は、外部の調査会社の協力のもと、2016年5月、8月、11月、2017年2月の4回に分けて生きもの調査を実施しました。この結果、205種の植物と、115種の昆虫、23種の水生生物(一部昆虫と重複)を確認できました。

新しいウィンドウが開きます伊丹地区 生きものリスト(PDF:127KB)


考察と行動

2016年度伊丹地区生物調査結果をもとに生物調査報告会で方針を検討

2017年3月、調査会社、伊丹地区の社員、他事業所の担当者(約50人)が集まって報告会を開催しました。当日は、調査にご協力いただいた専門家から、生きものの生息状況についての報告と今後の活動へのアドバイスをいただきました。

報告の主なポイント

  • 敷地内には少数ではあるが地域在来の生物が生息し、地域の生物ネットワークの一端を担っていると見られる。
  • 水辺:特にトンボ類にとって都市部では大切な繁殖場所となっている。水田やため池を好む種を中心に7種類が確認されており、ギンヤンマやアオモンイトトンボでは産卵行動、シオカラトンボ、ウスバキトンボでは幼虫も見られた。
  • 樹林:重要種である「ムクロジ※1」「ヤマトアシナガバチ※2」が見られた。また、エノキ、ムクノキ、アラカシなど、周辺の河川で見られる樹木が生育していた。
  • 外来生物も見られ、これらは事業所から周辺地域に広がる恐れがある。
  • 確認種のうち14種は、兵庫県ブラックリスト※3の掲載種であった。
  • ※1兵庫県版レッドデータブック2010(植物・群落)において「Cランク」に該当。Cランクは環境省レッドデータブックの準絶滅危惧に相当
  • ※2環境省レッドデータブック2014において「情報不足」
  • ※3県内において生態系に与える影響が特に大きいと考えられる外来生物種をリスト化したもの(兵庫県、2010)。これらの生物については、基本的な対応方法もとりまとめられている

主なアドバイス内容

  • 在来生態系への影響が大きいと考えられる兵庫県「ブラックリスト」掲載種は、優先的に防除することが望ましい。
  • <例>
  • 社員による外来植物の選択的除草を実施。これは比較的簡単に行えるほか、意識づけにも役立つと思われる。
  • 池については水を抜き、植栽を植え替えて、環境をリセットすることも検討。カダヤシなどの外来種を排除するとともに、周辺地域に生息する希少種、在来種を導入し、それらの保護に役立てる。
  • 地区を東西に横断する水路は、構内工事に伴ってなくなる予定であるため、対応が必要。
  • <例>
  • トンボ類などの生息場所となっており、魚類も出入りしている。これら生物の新たな生息場所となる代替水域を創出することが望ましい(新たなビオトープ池など)。
  • 工事の際、水路に生息する外来生物が周辺に逃げ出さないよう注意する。
  • 地域本来の植生をモデルとし、在来種を保全する森づくりを進めてはどうか。
  • <例>
  • ムクロジをはじめ、在来植物の実生(挿し木でなく実から生えた植物)を保全する。
  • 昆虫類の餌になるような在来樹種を用いて、昆虫類の生息に適した樹林環境を維持・創出する。

これらのアドバイスをもとに今後の取組を検討しています。このうち、地区を東西に横断する水路の再生については、現在、当社が推進中の「事業所の生物多様性保全施策(緑の質の向上)」の一環としてビオトープ創出を進めています(代償ビオトープの段階的創出)。また当該活動は、ISO14001(環境マネジメントシステム)の環境方針で掲げる環境保護活動の一つとして位置付け、社員への生物多様性についての普及と啓発を推進します。


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報