伊丹地区の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
生きもの調査結果を踏まえて、
希少種保護や工事に伴う代替環境の創造を検討
伊丹地区

伊丹地区では2016年5月から4回に分けて生きもの調査を実施しました。敷地内の水辺、鎮守の森(樹林)、竹林、水路沿い、草地を見て回り、トラップなども用いて調べたところ、緑が少ない中でも多様な生きものが確認でき、希少な種も見つかりました。

これらの調査結果を踏まえて、外来生物の防除や希少種の保全、構内従業員への情報発信などの取組を検討しています。また、敷地内で大規模な工事が続いていることから、例えば撤去される水路に代わってビオトープを新設するなど、生きものが暮らしやすい環境を残すための検討も進めています。

事業所所在地

〒661-8661 兵庫県尼崎市塚口本町八丁目1番1号

主な取扱製品

交通システム・エンジニアリング(車両システム、交通情報通信システム)及び車両用電機品(主電動機、制御装置、電源装置、ブレーキ電機品、車上情報装置、車上保安装置ほか)

主な取組テーマ

  • 生きもの調査で確認された外来生物の防除を検討[A-1-(2)]
  • 生きもの調査で発見した希少種を保護[A-2-(2)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 敷地内で大規模な工事が続いていることから、「工事前後で生物や植物がどう変わるのか」というテーマを設定して生きもの調査を実施
  • 構内にある鎮守の森で希少な「ムクロジ」が発見されたことから、この保護を検討
  • 工事に伴い環境が大きく変わる場所もあることから、生きものが暮らしやすい環境を残すための工夫を検討

伊丹地区の活動テーマ

大規模工事の前後で変化を観察。
あわせて、敷地内の生きものの多様性を守る取組も検討

伊丹地区では、5つの拠点の担当者が連携
伊丹地区では、5つの拠点の担当者が連携

伊丹地区では、ここ数年、敷地内で大規模な工事が続いています。環境面で大きな転換期を迎えていることから、生きもの調査では、「工事前後で生物や植物がどう変わるのか」というテーマを設定。工事完了後のデータと今回の調査データを比較すると、興味深い発見があると思います。

「生きもの調査」は専門家の協力のもと、季節ごとにこれまで4回実施しました。敷地内の「水辺」と「鎮守の森」で生きものの多様性を実感することができ、多くの“気づき”も得られています。この“気づき”をもとに、調査に携わっていただいた専門家のアドバイスも取り入れながら、多様性を守っていく取組を検討しています。

水辺を多くのトンボ類が利用
水辺に生えた植物(ガマ)を利用するトンボ類
水辺に生えた植物(ガマ)を利用するトンボ類

敷地内の水辺には多くのトンボが生息しており、調査では全部で7種類が確認できています。一部のトンボでは交尾や産卵といった行動、また幼虫も見られ、都市部では大切な繁殖場所となっていることが明らかになりました。また、水辺に近い樹林にもトンボの姿があったことから、餌場として利用していると考えられます。


鎮守の森には希少な「ムクロジ」が生育
樹齢10~15年になる「ムクロジ」の成木
樹齢10~15年になる「ムクロジ」の成木

伊丹地区敷地内の神社をとりまく鎮守の森では、兵庫県のレッドデータの準絶滅危惧種に指定されている「ムクロジ」が発見されました。この樹木は、石川県では絶滅危惧Ⅱ類にも指定されている貴重な種です。

調査では樹齢10年を超えると見られる成木のほか、その実が落ちて芽吹いた若木も多数確認できました。

敷地内の鎮守の森
敷地内の鎮守の森


フォトギャラリー


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報