受配電システム製作所の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
調査結果に基づくビオトープの整備
受配電システム製作所

受配電システム製作所では、2016年2月から、季節ごとに計4回の生きもの調査を実施しました。この結果を踏まえて、試行錯誤しながら、生きものとの共生を目指した環境づくりに力を注いでいます。

2017年1月には、社員が手づくりで小規模なビオトープの設置に挑戦。その結果をもとに、現在、本格的なビオトープの造成も進めています。この新しいビオトープは野鳥などの休息地とすることを目的としたもので、2018年2月に竣工予定の新生産棟からその様子を観察できるよう、設置場所も工夫しています。このほか、社員に生きもののことを知ってもらう機会の創出にも取り組んでいます。

事業所所在地

〒763-8516 香川県丸亀市蓬萊町8番地

業務内容

受配電システムエンジニアリング、84kV以下ガス絶縁開閉装置、スイッチギヤ、真空遮断器、ガス遮断器、真空コンタクタ、低圧気中遮断器、直流高速度遮断器、真空バルブ、監視制御盤、モータコントロールセンタ、受配電監視制御システム、開閉装置用電子機器、保全支援システム

主な取組テーマ

  • 事業所敷地内および周辺地域で生きもの調査を実施、確認した生きものを社員に周知 [A-2-(1)]
  • 調査で確認した希少種を新生産棟建設地付近より移植し保全 [A-2-(2)]
  • 専門家のアドバイスのもと、鳥類が休息・採餌に利用できるビオトープを造成
    [B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)] [C-7-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 周辺地域でも生きもの調査を実施、敷地内外の確認種を比較して方針を検討
  • 動物(主に哺乳類)の敷地利用状況を把握するため、自動撮影カメラによる調査も実施
  • 社員の手で植栽や水場整備の実験を行い、「手づくりビオトープ」を造成
  • 社員が生きものを観察できるよう、ビオトープの設置場所などを工夫

受配電システム製作所の活動テーマ

「鳥類」に着目、ビオトープの造成へ

調査で特に多かったのが鳥類。樹林では夜行性の「ヤマシギ※」も確認しました
調査で特に多かったのが鳥類。樹林では夜行性の「ヤマシギ」も確認しました

ここ受配電システム製作所は、海に突き出した埋立地の中にあります。人工的な環境ですが、周辺には川や公園もたくさんあり、調査ではそれらの場所から飛来したとみられる生きものが確認されました。特に多かったのが鳥類で、敷地内の樹林や草地を、餌探しや休息に利用していると見られます。

この鳥たちとどのように共生していったらよいのか。専門家のアドバイスでは、現在は敷地内にない「水辺」を新たにつくることで、湿地を好む野鳥やトンボを呼び込めるのではないかとのことでした。そこで水辺を設けるために、まずは自分達の手でビオトープをつくってみることにしました。その結果、野鳥が水辺を利用していることが確認できたため、専門家による本格的なビオトープの造成を決定しました。

この手づくりビオトープは2017年1月に完成しており、本格的なビオトープも、2018年3月までに完成予定です。今後はこれらを社員教育などに活用していく予定です。

  • 「兵庫の貴重な自然 兵庫県版レッドリスト2013(鳥類)」(兵庫県, 2013)でBランク、「高知県レッドデータブック(動物編)」(高知県, 2002)で準絶滅危惧(NT)に該当

取組(1)社員手づくりのビオトープの設置

2017年1月に設置した「手づくりビオトープ」は、その設計から設置まで、すべてが社員の手づくりで生まれたビオトープ。3m×1.5mほどの小さな池を中心に、近くに野鳥が好む実のなる木を植樹しており、池の中には敷地内の側溝沿いで見つかった希少な植物「コガマ」も移植。その保全地としての役割も果たしています。

規模としてはささやかなものですが、少しでも自分達の手を動かしてみることで、人と生きものとのかかわりの大切さを体感することができました。

現在は水量の管理などのメンテナンスを行いながら経過を観察しており、「池の底にヤゴを見つけた」という社員も。今後もこの環境を維持していく予定です。

  • 「香川県レッドデータブック 香川県の希少野生生物 2004」で準絶滅危惧に該当
  • ビオトープづくりダイジェスト
社員有志も加わっての穴掘り。決行日は草の少ない1月末
社員有志も加わっての穴掘り。
決行日は草の少ない1月末
防水シートを敷いて埋め戻し
防水シートを敷いて埋め戻し
水を張って池に。野鳥が好む実をつけるナンテン、クロガネモチも植栽した
水を張って池に。野鳥が好む実をつけるナンテン、クロガネモチも植栽した
最後に穂をつけたコガマの株を土ごと移植。数カ月後には新しい芽が確認された
最後に穂をつけたコガマの株を土ごと移植。数カ月後には新しい芽が確認された
最後に穂をつけたコガマの株を土ごと移植。数カ月後には新しい芽が確認された
のちにヤゴの生息も確認(写真は2017年12月撮影)
のちにヤゴの生息も確認(写真は2017年12月撮影)

取組(2)水辺を含む本格的なビオトープの造成

専門家に依頼し、樹林の側に水辺を含む本格的なビオトープの造成も進めています。

湿地を好む鳥類や昆虫類の餌場や休息場所とすることを目的に、野鳥の隠れ場所や餌場になる植樹帯をつくる、巣台や止まり木を置く、トンボが好む開けた水面をつくるなど、様々な工夫を施しています。また、設置場所は2018年2月竣工の新生産棟の近くとし、野鳥を驚かさない程度の距離を保ちながら、飛来する野鳥を観察できるよう配慮しています。

こうして生きものと日常的に接する機会をつくることで、社員の意識づけに役立てていきます。また、将来的には、社員やその家族に参加してもらい、ビオトープをメンテナンスしていくことも検討しています。

  • ビオトープの概要(予定)
ビオトープの概要(予定)
  • 設置イメージ
設置イメージ

フォトギャラリー



このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報