静岡製作所の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
生きものが来たくなる“よりみち緑地”を育成
静岡製作所

静岡製作所の半径1km以内は、近年ではほとんどが工場や宅地となり、緑の多い土地は少なくなっています。しかし、製作所から離れると、東側の「有度山」や西側の「谷津山」「八幡山」のように、緑が多く、鳥類や昆虫類が利用している、自然豊かなエリアが残されています。

こうした環境を踏まえて、市街地によって分断された緑を飛び石のようにつなぐ“よりみち緑地”の整備に取り組んでいます。生きものがこの緑地を一時的に利用することで、緑の多いエリアを行き来しやすくなります。

事業所所在地

〒422-8528 静岡県静岡市駿河区小鹿三丁目18番1号

主な取扱製品

冷凍冷蔵庫、ホームフリーザー、ルームエアコン、ハウジングエアコン、事務所・店舗用エアコン、空調・産業用コンプレッサー

主な取組テーマ

  • “よりみち緑地”を整備[B-4-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 鳥類や昆虫類が、餌を食べる、休息するなどのように一時利用できる機能緑地の整備を目指す

静岡製作所の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

静岡製作所の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

周辺の山々の緑をつなぐ“飛び石”のような機能を持った緑地を整備

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制
  • (1)環境アセスメント
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理
  • (1)生きもの殺傷の抑制

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)周辺生態系への貢献
  • (2)「都市生態系」の質向上
  • (1)飛翔性生物の利用地
  • (2)「みどり+生きもの」優先地
  • (3)敷地周辺への連続性の提供
  • (4)周辺生態系の課題への協力
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物の特性に合う緑地管理

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受(休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。

生きもの調査結果

静岡製作所は、外部の調査会社の協力のもと、2015年4月から12月にかけて生きもの調査を実施しました。この結果、185種の動植物を確認できました。

新しいウィンドウが開きます静岡製作所 生きものリスト(PDF:115KB)

考察と行動

構内緑地の「質」の向上を目指して

2015年度に実施した周辺環境についての資料調査では、製作所から2km以上離れた東側の「有度山」、西側の「谷津山」「八幡山」に多様な植物種で構成される緑が残され、鳥類や昆虫類が利用しているものの、市街地によって東西のつながりは大きく分断されていることが分かりました。

一方、構内における生きもの調査では、ハクセキレイ、ドバト、イソヒヨドリなど、森林や市街地に広く生息する適応力の強い鳥類の飛来が確認されましたが、構内の緑地を餌場として利用するケースはほとんど見られませんでした。また、チョウ類を中心とした昆虫類の調査でも、飛来してきたものが多く、吸蜜や発生のために構内の緑地を利用するチョウ類は数種に限られていました。

こうした調査結果を踏まえ、静岡製作所では、植栽や管理形態などを見直し、鳥類や昆虫類がより利用しやすい環境へと変えていくことで、限られた構内緑地の「質」の向上を目指しています。

静岡製作所に求められる緑地イメージ

  • 生物のすみかではなく、周辺生態系の中で、生物が一時的に利用できる緑地
  • 周辺植生と景観的に調和した緑地
  • 中低木や草地を中心とした緑地
  • チョウや鳥が舞う癒しの緑地

“よりみち緑地”の整備

静岡製作所では福利厚生エリア一帯の緑地を“よりみち緑地”として整備する計画です。“よりみち緑地”とは、鳥類や昆虫類が、餌を食べたり、休息したりするために一時的に立ち寄れる機能緑地です。これによって「有度山←→静岡製作所」「静岡製作所←→八幡山」「静岡製作所←→谷津山」という緑のつながりを確保し、広域の生態系ネットワークの構築に貢献することを目指しています。

その一環として、2016年度から試験棟「霧ケ峰みらい研究所」横の約80m2の敷地を活用し、“よりみち緑地”整備の試行を開始しています。同研究所はお客様や近隣住民など社外からの来訪者が立ち寄る施設のため、視覚的・景観的な配慮をしながら、対象の敷地に適した低木や草本植物を選定しました。また、植栽にあたっては、構外の土地の開発や工事などで除伐されそうになった在来植物で、よりみち緑地のコンセプトを満たすものを移植することで、それらの保護にも役立てています。この緑地では、今後2年~3年をかけて、生きものが利用しやすい二次草地(人が維持する草地)づくりを進めていきます。

静岡製作所では、この「霧ケ峰みらい研究所」横のエリアにおいて、植栽に関するノウハウを蓄積するとともに、構内及び近隣住宅への影響(鳥類などが生息することによる交通への影響、糞害、落葉対策など)を踏まえ、今後“よりみち緑地”を福利厚生エリアへも広げていきます。

「霧ケ峰みらい研究所」横の敷地
「霧ケ峰みらい研究所」横の敷地
福利厚生エリア一帯の緑地
福利厚生エリア一帯の緑地

有識者との対話

2016年7月6日、静岡製作所、緑地整備を担う三菱電機ライフサービスの担当者が参加して、今後の緑地整備のあり方を検討する意見交換会を開催しました。意見交換会には、生きもの調査や緑地活用策の検討業務を委託した(株)環境アセスメントセンターの担当者にもご出席いただき、“よりみち緑地”についても活発な質疑応答が行われました。対話の内容は以下のページからご覧ください。

【緑の質の向上へ~事業所の生物多様性保全】生物多様性ダイアログ、専門家からの提言


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報