静岡製作所の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
各製作所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
生きものが来たくなる“よりみち緑地”を育成
静岡製作所

静岡製作所の半径1km以内は、近年ではほとんどが工場や宅地となり、緑の多い土地は少なくなっています。しかし、製作所から離れると、東側の「有度山」や西側の「谷津山」「八幡山」のように、緑が多く、鳥類や昆虫類が利用している、自然豊かなエリアが残されています。

こうした環境を踏まえて、市街地によって分断された緑を飛び石のようにつなぐ“よりみち緑地”の整備に取り組んでいます。生きものがこの緑地を一時的に利用することで、緑の多いエリアを行き来しやすくなります。

事業所所在地

〒422-8528 静岡県静岡市駿河区小鹿三丁目18番1号

主な取扱製品

冷凍冷蔵庫、ホームフリーザー、ルームエアコン、ハウジングエアコン、事務所・店舗用エアコン、空調・産業用コンプレッサー

主な取組テーマ

  • “よりみち緑地”を整備[B-4-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 鳥類や昆虫類が、餌を食べる、休息するなどのように一時利用できる機能緑地の整備を目指す

静岡製作所の活動テーマ

周辺の山々の緑をつなぐ“飛び石”のような機能を持った緑地を整備

製造管理部 環境工務課 専任
岩田 修一
製造管理部 環境工務課 専任岩田 修一

静岡製作所は市街地の中に、古くからある工場で、構内緑地は広くありません。こうした環境下で、どうすれば生物多様性に寄与する活動ができるかを考え、地元静岡市の環境アセスメントセンター様に調査やアドバイスをいただいて、“よりみち緑地”という方向性を見出すことができました。

“よりみち緑地”とは、鳥類や昆虫類が、餌を食べる、休息するなどのように一時利用できる機能緑地です。静岡製作所の東西にある山々は、市街地によって大きく分断されていることから、静岡製作所内の緑地を、周辺の山々の緑とをつなぐ“飛び石”のような機能を持った“よりみち緑地”に整備することで、地域の生態系ネットワークの構築に貢献したいと考えています。

市街地にある製作所と、周辺の緑をつなぐ広域の生態系ネットワークの構築が期待されています

2016年度から製作所北側にある試験棟「霧ケ峰みらい研究所」横の約80m2の敷地に“よりみち緑地”を整備しています。植栽には、製作所周辺で生息が記録され、地域生態系を攪乱する恐れのない植物のうち、製作所内の環境に適した森林性・林縁性・草原性の植物、製作所内で生息を確認した植物や芽生え苗(幼木)を選定しています。

将来的には福利厚生エリア一帯の緑地も“よりみち緑地”として整備する計画で、「霧ケ峰みらい研究所」横の敷地はその実現に向けた試行エリアと位置づけています。この試行エリアで2年~3年をかけて植物を育成する中で様々なノウハウを蓄積し、“よりみち緑地”を広げていきます。


育成中の植物

オミナエシ
オミナエシ
マンリョウ
マンリョウ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
キランソウ
キランソウ
ヤマハギ
ヤマハギ
ウツボグサ
ウツボグサ
ノコンギク
ノコンギク
ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ
ヘビイチゴ
ヘビイチゴ

フォトギャラリー


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報