みつびしでんき野外教室

印刷用ページへ

「みつびしでんき野外教室」とは

「みつびしでんき野外教室」は身近なフィールドで、参加者とリーダーとなる社員とが、ともに自然を体感するもので、自然共生社会の実現に向けた「環境マインドの育成」の施策です。

自然保護のために何が必要なのかを自ら考え、行動するために

三菱電機グループが目指しているのは、「自然保護のために何が必要なのかを考え、自ら行動する人」、つまり環境マインドをもった人の育成です。自然に親しむことで、人間が自然に与える影響に気づき、自然保護への意識が高まり、環境への負荷を減らそうという行動につながっていくと考えています(下図)。私たちが事業を継続するには生物多様性の恩恵が不可欠です。一方、日々、様々な資源の利用や化学物質・廃棄物の排出などによって生態系に負担をかけています。それを意識し、水・大気・土壌への負荷を低減し、製品を通じて負荷の低減と改善に貢献していく必要があります。

環境マインドの礎は「五感をフルに使った自然体験」によって深く、太く養われます。野外教室は、自然体験を通じて、社員も、その家族も、地域の皆様も一緒になってエコロジー(生きものと生きものとのかかわり)をともに発見するための取組です。自然保護は三菱電機グループだけでできるものではないからこそ、様々な人々と環境マインドを共有することが大切です。2006年10月にスタートした野外教室は、社会・環境貢献、地域コミュニケーションの場としての役割も果たしています。

一般社団法人日本野外生活推進協会の紹介パンフレットを参考に作成しました。
一般社団法人日本野外生活推進協会の紹介パンフレットを参考に作成しました。

「みつびしでんき野外教室」の特徴

プログラムの企画・運営を社員が担当

野外教室リーダー育成実績(累計)

野外教室の開催で大切にしているのは社員の“手づくり”ということ。「野外教室リーダー養成講座」を受講したグループ社員がプログラムを企画し、「野外教室リーダー」を務めます。フィールドの選定、自然体験の方法、開催時期(季節)はリーダー次第。養成講座を通じて得た感動や発見を活かし、創意工夫して思い思いに企画を練り上げていきます。また、参加者により深い感動を味わってほしいという思いから、地元の有識者やNPOなどの協力も得ています。リーダーが増えるたび野外教室のバリエーションも広がっていきます。

事業所近隣のフィールドが「教室」

野外教室開催実績

野外教室の開催場所は、山、森、公園、海、川、田んぼ、牧場など様々です。全国に広がる野外教室リーダーたちは、身近な自然をフィールドに、時には事業所構内を活用して教室を開催します。棲む生きものも、生えている草木も、音も匂いも場所によって多様な表情を見せます。子どもも大人も五感をフル活用して自然の営みを感じ、発見できる様々な体験の場を提供しています。


みつびしでんき野外教室の特徴
自然の循環を学ぶ
木が枯れても“いのち”の循環は続きます。落ち葉や朽ち木は虫のすみ家や食糧となり、菌類が着実に分解していきます。たくさんの“いのち”を支えながら、長い年月をかけて土に還ります。
木が枯れても“いのち”の循環は続きます。落ち葉や朽ち木は虫のすみ家や食糧となり、菌類が着実に分解していきます。たくさんの“いのち”を支えながら、長い年月をかけて土に還ります。
豊かな土に落ちた種が芽吹き、新しい“いのち”をつなぎます。
豊かな土に落ちた種が芽吹き、新しい“いのち”をつなぎます。
育った樹木は種子をつくり、他の生きものに与え、やがて枯れていきます。
育った樹木は種子をつくり、他の生きものに与え、やがて枯れていきます。
あふれる陽の光で木はすくすくと育ち、森ができ、たくさんの生きものが集います。
あふれる陽の光で木はすくすくと育ち、森ができ、たくさんの生きものが集います。

五感を使って自然を体験する
五感を使って自然を体験する
四国支社で開催されたみつびしでんき野外教室の様子
四国支社 香川大学付属博物館と連携し、近隣幼稚園の園児と保護者を「峯山公園はにわっこ広場」(香川県高松市)に招いて虫の観察を行いました。行事を実施した11月にも、土や木の中にはたくさんの虫がいます。夏とは「一味違う」虫さがしに園児たちも夢中になり、自ら進んで土を掘ったり、木を割ったりしていました。山の中での虫さがしを通じ、楽しみながら身近にある自然との共生を体感できる機会となりました。
群馬製作所で開催されたみつびしでんき野外教室の様子
群馬製作所 豊かな自然に囲まれた「群馬県立 ぐんま昆虫の森」(群馬県桐生市)で開催しました。昆虫をテーマにした体験型教育施設で、子どもたちは大好きなカブト虫を間近に見て触り、ツノの立派さに歓声を上げたり、単なる水たまりに見えるところに網を入れてみて、水生昆虫が見つかることに驚いていました。親子で捕獲に熱中する場面もあり、家族の良いコミュニケーションの機会になりました。

第8次環境計画(2015~2017年度)の目標と2016年度の進捗

第8次環境計画(2015~2017年度)では、「みつびしでんき野外教室」と「里山保全プロジェクト」を継続的に開催し、3年間の参加人数を10,000人とすることで累計参加人数30,000人以上を目指しています。2016年度は5,100人が参加し、目標達成に向けて順調に推移しています。

みつびしでんき野外教室と里山保全プロジェクトの参加人数増加計画

【基本方針とマネジメント】環境人材の育成

【基本方針とマネジメント】三菱電機グループ生物多様性行動指針

【環境特集】野外教室リーダー養成講座2014

【社会貢献活動】里山保全プロジェクト


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報