資材調達基本方針

印刷用ページへ

三菱電機グループでは、次の3つの基本方針に基づき、資材を調達しています。

  • 1 Easy Access And Equal Opportunity
    • ~常に公平に新しいパートナーを求めています~
    • 広く門戸を開放して公正にお取引先を選定し、契約にもとづく誠実な取引を行います。
  • 2 Mutual Prosperity
    • ~相互理解を深め、信頼関係の構築に努めています~
    • 製品の開発段階からお取引先の参画を得て、コスト・技術面などでWin-Win関係を構築します。
  • 3 Ecological Soundness
    • ~環境負荷の少ない資材の調達を推進します~
    • お客様からの要求内容と環境関連法規を踏まえて、環境負荷の少ない部品・サービス等を調達します。

CSR調達指針

2007年度より「CSR調達指針」を定め、この指針に基づき、資材調達活動を行っております。

  1. 国内外の法令及び社会規範の遵守
    1. (1)法令遵守の徹底
    2. (2)人権尊重、あらゆる差別・児童労働並びに強制労働の禁止
    3. (3)適切な労働環境の整備、安全衛生への配慮
  2. 製品・サービスの品質と安全性の確保
  3. 環境への配慮
    1. (1)環境負荷の少ない資材の調達
    2. (2)環境マネジメントシステムにもとづく有害化学物質管理の徹底
  4. 企業倫理にもとづく公正な取引の推進
    1. (1)公正、対等な立場での、法令、契約にもとづく誠実な取引の実行
    2. (2)情報システムセキュリティー構築による情報の管理・保護の徹底
    3. (3)不正、贈賄等、企業倫理にもとる腐敗行為の徹底排除

責任ある鉱物調達への取組

三菱電機グループでは、コンゴ民主共和国及びその周辺国における武装勢力の人権侵害、環境破壊などの問題を重大な問題ととらえています。この武装勢力は紛争鉱物の取引を資金源にしていると言われており、これらの問題を助長したり、加担したりすることのないよう、サプライチェーンの透明性をはかり、責任ある鉱物調達の推進に取り組んでいきます。

  • 上記諸国において採掘される金、錫、タンタル、タングステン、その他(米国国務省が資金源と判断する鉱物)

このページを共有

三菱電機について
カテゴリ内情報