バスケットボールバスケットボール

印刷用ページへ

中部地区でのクリニック

中部地区でのクリニック

チームの拠点がある地元のみなさんに愛されるチーム作りを目指し、名古屋市での活動を中心に児童や小学生、中学生を対象としたクリニックを数多く行っています。 クリニックでは、参加者全員に楽しんでもらえるよう、積極的に子どもたちに話しかけたり、子どもたちが好きなメニューを取り混ぜ指導したりしています。

クリニックを通じて、人とのむすびつきや、礼儀、あきらめない気持ちなども学んでもらえることを願いながら、毎回楽しんで活動しています。

北海道ミニバスケットボールクリニック

北海道ミニバスケットボールクリニック

北海道支社が開催するミニバスケットボールクリニックに、2001年から選手を派遣しています。

これは、北海道ミニバスケットボール夏季交歓大会にあわせて行うもので、毎回100名を超える子どもたちがプロ選手のプレーを体験しています。


宮城県でのミニバスケットボールクリニック

宮城県でのミニバスケットボールクリニック

1996年から2007年まで宮城県で開催していたクリニックを、2011年の東日本大震災を機に、復興支援の一環として再開しました。3年振りのクリニックに、継続を望む声が参加者のみなさんから多く寄せられ、以来、毎年行っています。

男女選手やコーチが、毎回小学生約100名を対象に、基礎練習やフリースロー大会、選手との交流試合やサイン会を行っています。技術レベルの高い指導に、子どもたちだけでなく保護者のみなさんからも大変喜ばれています。

北陸でのバスケットボールクリニック

北陸でのバスケットボールクリニック

2018年の国体開催に向けて準備をする福井県で2015年7月に初めてクリニックを開催しました。

その際参加した国体強化選手ら中学生男子24名は、ゴール下での動き方や組織プレーなど実践的な動きを学びました。以降、小学生男女を対象としたクリニックを毎年開催しています。


地域での活動

地域での活動

地域に密着したチームとして、クリニック以外の活動にも参加しています。地元の区役所が実施する街頭啓発活動や愛知県内で開催されるお祭り、小学校での朝の挨拶運動など、各種イベントに参加しています。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報