財団のご紹介財団のご紹介

印刷用ページへ
  • 米国三菱電機財団
  • タイ国三菱電機財団
タイ国三菱電機財団

概要

1991年に基本財産2千万バーツで設立したタイ国三菱電機財団(Mitsubishi Electric Thai Foundation)は、社会福祉と科学技術振興の分野で活動を行っており、大学生に対する奨学金支給や、小学校への給食支援プログラムなどを実施しています。

動画でわかる社会貢献活動
タイ国三菱電機財団

動画でわかる社会貢献活動 タイ国三菱電機財団
動画を見る

活動紹介

奨学金プログラム

奨学金プログラム

1993年から「奨学金プログラム」として、毎年3つの工学系大学の学生に対し奨学金を支給しています。

成績優秀ながら、家からの仕送りが少なく学業に支障がある学生が対象で、タイの科学技術の発展の一助となっています。

2012年度からは、更にもう1校が奨学金支給の対象に加わりました。


昼食支援プログラム 昼食支援プログラム

昼食支援プログラム

1999年から、タイ教育省より推薦された小学校30校に対して毎年各1万バーツを寄付しています。

この寄付により、小学校は野菜の種や苗、肥料などを購入し、こどもたちが野菜の栽培や家畜の飼育をしています。出来あがった収穫物は、それらを育ててきたこどもたちの給食に充てられています。栽培や飼育活動を通じて、育てることの大切さや楽しみも同時に伝えています。

昼食支援プログラム

昼食支援プログラムへの長年の功績が認められ、2014年9月25日にタイ教育省 基礎教育委員会事務局(Office of the Basic Education Commission, Ministry of Education, Ministry of Education)より表彰を受けました。

ボランティア活動 ボランティア活動 ボランティア活動

ボランティア活動

タイ国三菱電機財団のアレンジにより、タイの三菱電機グループ各社は毎年合同でボランティア活動を行っています。

2014年5月31日には、タイに所在するすべての系列会社から参加した従業員ボランティア460人が、ラヨーン県のPak Maenam Prasaeにマングローブ4,500本を植樹し、マングローブ蟹400匹を本来の生息地に放しました。シンガーポールのMitsubishi Electric Asia Pte. Ltd.や現地の方々もこのイベントに参加しました。

各社は、将来Pak Nam Prasaeで成長したマングローブを見ることを楽しみにしています。また環境にやさしい未来に向けて、地元の皆様と力を合わせて環境保護に取り組む機会が得られたことに感謝しています。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報