科学技術 未来のエンジニアを育むために科学技術 未来のエンジニアを育むために

印刷用ページへ

次世代の人材育成として、子どもたち向けの科学教室や教育支援を通じ、未来のエンジニアを育む活動に取り組んでいます。

4 室の高い教育をみんなに

お知らせ

経済産業省による第8回「キャリア教育アワード」で「奨励賞(大企業の部)」を受賞

2017年度活動実績

三菱電機で取り組んでいる「みつびしでんき科学教室」の実績を紹介します。

2017年度「みつびしでんき科学教室」活動実績
項目 実績
開催回数 72回
参加者数 5,100名

活動事例

みつびしでんき科学教室

みつびしでんき科学教室

三菱電機では2009年から「みつびしでんき科学教室」として、電気や熱、音、光、風、そして通信やプログラミングなどにかかわる基本原理を、実験や工作を交えながら子どもたちに体感してもらう教室を開催しています。

実験や観察を通して理科の楽しさを伝え、学んだ基本原理と製品とのかかわりを知ってもらい、製品が社会でどのように役立っているかも実感してもらいます。
これにより、科学的思考を育むとともに、モノづくりに対する喜びを感じてもらい、未来のエンジニアを育む一助とすることを目的としています。

地元イベントでの「サイエンスゼミナール」

地元イベントでの「サイエンスゼミナール」

三菱電機グループのミヨシ電子株式会社は、広島県三次市の企業が地域交流と地域活性化を目的に開催する「三次商工フェスティバル」に、当イベントが始まった1992年当初から積極的に参加しています。

2013年からは、このイベントをさらに盛り上げるべく、フェスティバルに訪れた子どもたちを対象に「サイエンスゼミナール」を開催しており、これまでに「ひかり通信の仕組みと実験」や「熱の伝わり方」をテーマにした理科教室を行いました。目を輝かせて実験に取り組む子どもたちとのふれあいは、社員にとって大きな刺激となります。「サイエンスゼミナール」を通じて、理科の面白さだけでなく、理科の仕組みが沢山の製品に使われていて身近な存在だということを今後も伝えていきたいと考えています。


再生可能エネルギーについての教育プログラム(イギリス)

再生可能エネルギーについての教育プログラム(イギリス)

Mitsubishi Electric Europe,B.V.イギリス支店は、2011年からイギリス国内の小学生を対象とした再生可能エネルギーに関する教育プログラム「The Learning Curve」を実施しています。既に2500人以上の子どもたちがプログラムに参加し、会社の施設見学やグループ活動をとおして再生可能エネルギーの技術と省エネの重要性について学んでいます。

2012年には、「The Learning Curve」の取組が評価され、再生可能エネルギー分野で著名な「The National Heat Pump Award」の「Training Excellence」を受賞しました。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報