ユニバーサルデザイン

印刷用ページへ

8.ユニバーサルデザインの基本配慮項目

日常生活で人々が感じている不便さや問題点を調査抽出し、これを基に整理した「基本配慮項目」がUD-Checkerの基本構成になっています。

どんな問題点があるのか

 

基本配慮項目

 

UD-Checker(抜粋)

   
ゴールの明確化
まず前提条件を確認すること

・何をするための製品ですか?

・ユーザーはどんな人ですか?

・どんな環境で使いますか?

  • わかりにくさ
なじみのない用語や表示内容が理解できない
一度に多くの事柄を覚えられない
理解、納得、記憶に時間がかかる
簡単でわかりやすい使い方
誰にでも理解しやすい操作方法

・見ただけで使い方がわかる

・わかりやすくなじみのある用語や表現

・操作ボタンの数、配列を適切に

・操作手順をわかりやすく簡単に

・動作状況のわかる明確なフィードバックを用意する

・ユーザーのペースで操作できるようにする

  • 見えにくさ、聞こえにくさ
見えない、見にくい
細かい表示やコントラストの低い表示が見にくい
近くのものにピントが合いにくい
高齢者や車いす使用者の視線の高さは低い
聞こえない
高い音や小さい音が聞きとりにくい
火災等の緊急時に危険を察知しにくい
識別しやすい表示・表現
見て、聞いて、触って確実に認識できること

・情報の表現手段は複数用意する

・操作部は識別しやすくする

・文字や図などは見やすく(大きさとコントラスト)

・配色、色数を適切に(色に頼った表示になってないか)

・表示する情報量は適切に

・報知音や音声ガイダンスは聞き取りやすく


どんな問題点があるのか

 

基本配慮項目

 

UD-Checker(抜粋)

  • 扱いにくさ、動きにくさ
力が無い、つかむ力が弱い
細かい動作や素早い動作ができない
両手を使わないと使えない
手の届く範囲が限られる。高いところや低いところに手が届かない
かがんだ姿勢での長時間作業が困難
バランス感覚が弱く、姿勢が不安定
楽な姿勢・身体的負荷への配慮
からだに負担をかけずに無理なく使えること

・無理のない力で操作できる

・持ち運びや設置に対する配慮

・製品あるいは身体を確実に保持できるよう配慮する

・大まかな動作で操作できる、素早い動作を必要としない

・片手で、かつ左右どちらの手でも使える

・身体寸法の大小にかかわらず、使いやすい

・負担のかかる姿勢や長時間同じ姿勢を強いない

・車いす使用でも楽に使えるように配慮する

  • 安全性・利便性が確保されない
誤操作に対処できない
消し忘れを起こしやすい
準備や後片付け、メンテナンスが大変
安全性と利便性の追求
安全性と新たな利便性追求は開発の大前提

・誤操作防止への配慮

・誤操作した時ややり直したい時に容易に復帰できる

・危険防止への配慮

・準備や後片付けのしやすさ、収納性への配慮

   
使う人の気持ちに配慮
「持ってうれしい、使って楽しい」を忘れずに

・製品としての完成度、魅力はありますか?

・入手・利用が容易ですか?

・価格は妥当ですか?

・長く使えるように配慮されていますか?

・不便さが解消されたり、省力化になりますか?


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報