ユニバーサルデザイン

印刷用ページへ

主要国の高齢人口(65歳以上)の割合の推移と予測
データ出所:国連 World Population Prospects, The 2008 Revision

日本は急速に高齢化が進み、2013年には25%を超え、約4人に1人は高齢者という「本格的な高齢社会」を迎えると予測されています。

加齢による変化
  1. A.感覚機能の変化 : 聞こえにくい、見えにくい、話しにくい、感じにくい
  2. B.運動能力の低下 : 歩きにくい、立ったり座ったりしにくい、早く反応できない、不器用になる
  3. C.平衡感覚の低下 : 転倒しやすい、バランスを失いやすい
  4. D.記憶力の低下と混乱 : 覚えにくく忘れやすい、混乱しやすい

出展:日経BP社「ユニバーサルデザインの教科書」を参考にした


11.障がいへの正しい理解

視覚を例にすると、視覚障がい者と共に、軽度の弱視、色弱や白内障で色の見え方に違いがある人、近視・遠視や老眼など、視覚に不自由さを持っている人はたくさんいます。眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は5~6割、生活上の大きな助けになっています。一時的なものも含めれば、日常生活に不便さを感じている人は多数います。

障がい者の数(手帳交付台帳登載数、2009年3月)
  (四捨五入) (対全人口)
身体障がい 5,032千人 3.94%
視覚障がい 383千人 0.30%
聴覚・平衡機能障がい 449千人 0.35%
音声・言語・そしゃく機能障がい 60千人 0.05%
肢体不自由 2,788千人 2.19%
内部障がい 1,353千人 1.06%
知的障がい 786千人 0.62%

厚生労働省:平成20年度社会福祉行政業務報告、2009年10月公表

約半分の人が視覚に不自由さを持っている 総人口1億2,751万人の約半数が眼鏡やコンタクトレンズを使っている ・眼鏡6,720万人・コンタクトレンズ1,545万人 視覚障がい者38万人(0.30%) 軽度の弱視、色弱など約500万人(約3.9%)

データ出所:
総人口 :総務省「推計人口」平成21(2009)年10月1日
眼鏡・コンタクトレンズ装用人口(2008):株式会社シード調べ
弱視、色弱など:カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報