暗号技術

印刷用ページへ

公開鍵暗号

三菱電機は、RSA暗号、楕円曲線暗号など、公開鍵暗号アルゴリズムの安全性評価技術、高効率実装技術などの研究開発に取り組んでいます。

公開鍵暗号アルゴリズムは、ディジタル署名や相手認証などに用いられ、安全で信頼できるIT社会を構築するために欠かせない要素技術です。

公開鍵暗号技術に関する研究開発成果は、ソフトウエアやハードウエアとして実現され、電子政府/電子自治体システムやユビキタス社会などに導入されています。

楕円曲線暗号技術

CRESERC

日本電信電話株式会社、株式会社日立製作所との共同プロジェクトにより、楕円曲線ディジタル署名アルゴリズムECDSAの実装方式CRESERC(クレサーク)を開発しました。

楕円曲線暗号は、暗号強度を確保しつつ、短い鍵長で高速にデータを暗号化できるため、RSA暗号に次ぐ次世代公開鍵暗号として注目されています。ECDSAは、楕円曲線暗号による電子署名のアルゴリズムであり、NESSIEやCRYPTRECでも推奨暗号として選定されています。

CRESERCは、電子政府やユビキタス関連システムなど、情報セキュリティ技術が必要となるさまざまな応用分野に導入されることが期待されています。

  • ※ECDSA : Elliptic Curve Digital Signature Algorithm

研究論文

三菱電機では、RSA暗号、楕円曲線暗号など、公開鍵暗号アルゴリズムの安全性評価技術、高効率演算アルゴリズムなどの研究発表を行っています。以下の参考文献をご覧下さい。

社外表彰

電子情報通信学会や応用数理学会などから研究論文の表彰を受けています。

このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報

おすすめツール

サイトプリント&e-Book

お好みに応じてサイトコンテンツを本のように閲覧したり印刷することができます。