共通鍵暗号

印刷用ページへ

暗号アルゴリズムKASUMI

特徴

「KASUMI」は、2000年に次世代移動体通信方式であるW-CDMAの標準暗号化アルゴリズムとして、開発された共通鍵暗号アルゴリズムです。

「KASUMI」は、第三世代移動通信システム(W-CDMA)の国際規格標準化プロジェクト3GPP※1において、唯一の国際標準暗号として認定されました。

また「KASUMI」は、三菱電機の暗号アルゴリズム「MISTY」※2をベースとして、MISTYが持つ安全性及びマルチプラットフォーム暗号としての特徴を保ちながら、携帯電話システム向けにカスタマイズされています。

高度な信頼性

SAGEと、当社MISTY設計者により開発

中立的な研究者に安全性評価を依頼し、安全性を確認

ソフトマクロのライセンスを開始

三菱電機によるソフトマクロ(Verilog-HDL記述)のライセンス供与を開始

様々な設計プロセスへ容易に対応可能とし、システムLSI等への組込みを実現

  • ※1 3GPP :third generation partnership project. 第三世代移動通信システムの国際規格検討機関。
    世界の通信標準化団体(欧州ETSI, 米国TI、 日本ARIB、TTC、 韓国TTA)により結成。
  • ※2 MISTY:三菱電機が開発した世界最高水準の安全性と実用性を備えた暗号アルゴリズムの総称。

表彰実績


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報