注目の研究・技術

印刷用ページへ

5G基地局向け超多素子アンテナシステム技術

第5世代移動通信を独自の発想と技術でさらに快適に。 情報技術総合研究所 第5世代移動通信を独自の発想と技術でさらに快適に。 情報技術総合研究所

スマートフォンの普及などにより、移動通信におけるトラフィックが近年急激に増加しています。今後も増加のスピードはさらに加速の一途を辿ると考えられており、その対策として第5世代移動通信(5G)の研究が世界各国で活発に行われています。5Gの実用化は2020年以降と見込まれており、その実現にはさまざまな技術の高度化が必要です。

三菱電機では、「5G基地局向け超多素子アンテナシステム技術」の研究に取組んでいます。5Gでは、アンテナに設置された素子の一つひとつから出る電波を組み合わせてビームを形成し、各端末に向けてビームを照射することで、一人ひとりにとって快適な通信環境を作り出します。しかし、既存の技術の適用では、基地局の設置が困難なほど装置規模が大きくなってしまうことが課題でした。当社は、小型化の厳しい要求を満たす「アナログ-デジタルハイブリッド構成」と高周波回路部品の高集積化という画期的な技術で、超多素子で構成されるアンテナを実現します。また従来比50倍の伝送速度を実現する「マルチビーム多重技術」と、混雑した街なかでも一人ひとりにとって快適な通信を実現する「非線形多重対角化プリコーディング技術」によって、5Gを実用化するためのシステムにも目処を得ました。

社会は今後、IoTであらゆる機器がネットワークでつながる時代を迎えようとしています。社会インフラとしてますます重要度を増す移動通信の分野でも、当社は新しい発想と高い技術力で、一歩先を行くソリューションを提供します。

※2016年10月時点における最新第4世代携帯基地局比


本成果には、総務省から委託を受けて実施した「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発」の成果の一部が含まれています。


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報