ここから本文


エレベーター試験塔 SOLAE(ソラエ)
世界最高レベルのエレベーター試験塔が超高層化時代に対応して、安全・信頼性を基軸とした高品質を実現します。
世界各国における建築物の高層化に伴い、エレベーター需要が増加するなか、高速エレベーターには、乗り心地、低騒音・低振動、安全性など、高い品質と信頼性が要求されています。当社稲沢製作所に完成した新試験塔「SOLAÉ(ソラエ)」は高さ173m、40階建てのビルに相当し、超高速・大容量エレベーターの駆動制御性、安全性、重要部品開発、乗り心地などを試験できる世界最高レベルのエレベーター試験塔です。
 
夜間は高輝度サーチライトでのエッジ部照射、最上階でのLEDカラー照明によるライトアップ
 
 
概 要
建物高さ 地上173.0メートル(高層ビル40階建てに相当)
建築面積 440平方メートル
所在地 愛知県稲沢市 三菱電機稲沢製作所構内
特 長
東海・東南海などの大地震や過去最大級の台風(伊勢湾台風)に対して継続利用可能な高い信頼性と耐風性
オイルダンパー80基、制振装置による安定した試験環境の実現
外壁光触媒タイルによる空気浄化(ポプラ560本分)とセルフクリーニング、自然通風を基本としたボイド(吹抜部)換気
この試験塔は空へ向かって伸びる形と、限りない品質追求の思いを込めて「SOLAÉ(ソラエ)」と命名されました。


> エレベーター・エスカレーター トップページ  > エレベーター製品一覧  > エスカレーター製品一覧

> 群管理システム  > オプション紹介  > カタログダウンロード  > 納入事例
> エコプロダクツ  > 環境への取り組み  > エレベーター据付図(寸法)  > サイトマップ