ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 サーボシステムコントローラのソフトウェアを探す

設定・プログラミング支援 - サンプル - サーボシステムソリューションサンプルプログラム

vol.07 安全監視機能を使用したライン

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

サーボシステムソリューション(vol.07 安全監視機能を使用したライン)のサンプルプログラムです。

【システム構成】

«使用機器・ソフトウェア»

モーションCPU:Q172DSCPU 安全信号ユニット:Q173DSXY サーボアンプ:MR-J4-B
シーケンサCPU:Q06UDEHCPU GOT:GT16**-V サーボモータ:HG-SR
基本ベース:Q35DB 出力ユニット:QY40P  
エンジニアリング環境:MELSOFT MT Works2(モーションコントローラ),MELSOFT GX Works2(シーケンサ),
MELSOFT GT Works3(GOT)
モーションCPU本体OS:SW8DNC-SV22QL

【動作概略】

モーションコントローラは欧州安全規格「EN ISO13849-1:2008 カテゴリ3 PLd」の適合認証を取得しています。
本サンプルプログラムは安全監視機能を使用して,非常停止スイッチ・ライトカーテンなどの入力により危険源である装置の駆動部への動力を遮断する安全制御を行います。

【制御のポイント】

Point1:安全信号(非常停止スイッチ,ライトカーテン,動力遮断信号等)を二重化し,モーションCPUとシーケンサCPUでお互いに安全信号を照合して信号の正当性を監視します。

Point2:ユーザ側でシーケンスプログラムによる安全回路を自由に作成することができるので,回路の追加・修正が容易に行えます。また同一ベース上で一般制御と安全制御ができ,システム構成のコンパクト化を図ることができます。

Point3:速度監視機能により,安全性を考慮した設定速度(安全速度)で速度監視を行います。安全柵内で作業(装置のメンテナンスや段取りなど)を行う場合に,駆動部の動力を遮断しなくても安全性を確保して装置を運転することが可能です。

Point4:用途に応じた停止カテゴリで停止することができます。サーボON状態のまま安全停止することにより,軸の同期状態を維持したまま安全に停止することができ,運転の再開が迅速に行え,安全性と生産性を同時に向上させることができます。

サンプルライブラリ

名称サイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
vol.07 安全監視機能を使用したライン752,1232013-11-27vol7_safety_a.zip


関連マニュアル

マニュアル    vol.07 安全監視機能を使用したライン 動作説明資料(日本語版)
マニュアル    vol.07 安全監視機能を使用したライン 動作説明資料(英語版)


著作権

三菱電機株式会社

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると,サンプルプログラム名のフォルダが作成されます。


[解凍方法① ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合]

1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
2. 「すべて展開...」を選択してください。
「すべて展開...」の表示がない場合は,解凍方法②を行ってください。
3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。

[解凍方法② ZIP対応の解凍機能のないOSの場合]

1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
2. 解凍ツールを使用して解凍します。
※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。


その他のダウンロード