ここから本文

commercial

ケーキ製造を担うロボットで、
人手不足解消とプラスαを実現

作り手の負担が多い、
ケーキ製造現場の課題

生活のふとした瞬間に、ついつい食べたくなってしまうスイーツの存在。今ではコンビニエンスストアでもおいしいスイーツが手軽に購入できるようになり、毎日を過ごすのに欠かせない食べ物のひとつになっています。
とはいえ、ひとつのケーキを作るだけでも、見た目を美しく仕上げる職人の技術が不可欠。しかも、食品衛生に注目が集まる近年においては、より高度な衛生・品質管理が求められるようになっています。そのため、スイーツ業界の製造現場では、作り手の負担の多さが原因となって慢性的な人員不足が問題になっているのだとか。

クリームを塗布する作業も
品質を保持するのも朝飯前

このような問題を解決するのが、複雑なケーキ製造の行程を担うロボットの技術です。例えば、モンブラン作りに必要な線状のクリームを塗布するデリケートな作業も、このロボットなら朝飯前。事前にプログラミングをしておくだけで、ケーキの大小に関わらず的確に作業をこなしてくれるのです。その上、ケーキの品質を一定に保つことが可能なため、製造過程で発生するロスを大幅にカット。人手不足だけでなく、製品のクオリティをも上げてくれる一石二鳥の存在なのです。

慢性的な人手不足と
人ができないことを解消

しかも、人ではなくロボットですから、製造のピーク時には24時間稼働を行うことも不可能なことではありません。また、当然のことですが、現場で働くスタッフのシフト組みに頭を悩ませる必要もなくなるでしょう。
人と同レベルのクオリティを実現させるだけでなく、人では難しかったことをも可能にするロボットの存在。今後、人手不足で悩む製造メーカーの、心強いスタッフのひとりになるかもしれません。

商業施設エリア その他の適用例