ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

CNC 数値制御装置

ナノ制御

補間演算精度の向上

加工プログラムが1ミクロン単位の指令でも、補間はナノ単位で演算されます。ブロック交点などの演算精度が向上するため、生じる縞目が細かくなります。

傾斜軸制御(旋盤系)

  • 機械を構成する制御軸が、90°以外の角度で取り付けられている場合でも、直交軸と同様にプログラムして制御することができます。
  • 傾斜角度はパラメータで設定し、各軸の移動量を傾斜角度で換算補正して制御します。

主軸/C軸制御

主軸常時位置ループ制御により、主軸からC軸に変更する際の原点復帰動作時間がなくなりました。

コンパクト&省配線

  • 表示器背面にCNC制御ユニットを一体化して、コンパクト化を実現します。
  • Ethernet標準搭載、PC接続で加工プログラムやパラメータを入出力します。
  • 表示器の前面にCFカード/USBメモリのインタフェースを標準装備しています。
  • アナログ出力の標準実装によりインバータでの主軸駆動を実現します。

※Ethernetは、米国およびその他の国におけるゼロックス社の登録商標です。
※コンパクトフラッシュ、CompactFlash、CFは、米国およびその他の国におけるサンディスク社の商標、または登録商標です。

PLC軸

割り出し機能

ステーション数を設定するだけで等間隔にステーション座標を自動設定します。PLCからは、ステーション番号を指令するだけで位置決めができます。

MITSUBISHI CNC 機械操作パネル

  • 表示器やキーボードと同じカラーを採用、一体感のあるデザインです。
  • 機械の仕様に合わせて自由にキーレイアウト変更可能です。
  • 基本的なキーレイアウトに対応したシーケンスプログラムのサンプルを用意しています。
  • リモートI/Oリンク通信でNCと直接接続するため省配線です。

*詳細は製品リーフレットを参照ください。

NAVI LATHE(旋盤用)/NAVI MILL(マシンニングセンタ用)

簡易プログラミング機能

画面から加工工程を選択し、データを入力することにより行程ごとのプログラムを自動的に作成します。工具パスをグラフィック描画し、確認できます。