ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC-Fシリーズ

FXシリーズでは、CC-Linkによる高速ネットワークや省配線を実現するためのCC-Link/LTなど制御内容に応じたネットワークに対応します。
また、FXシリーズ間で簡単に構築できる簡易データリンクやRS-232C,RS-485機器との通信機能をサポートしています。

CC-Link

形名 マスタ
機能
リモート,
スレーブ
機能
距離 適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3U-16CCL-M

※1
CC-Link
マスタブロック
(マスタ局)
× 最大1200m ×
最大
1台
※4

最大
1台
※2

最大
1台
※2
※3

最大
1台

FX2N-32CCL

CC-Link
インタフェースブロック
(リモートデバイス局)
× 最大1200m × ※2
※2

FX3U-64CCL

CC-Link
インタフェースブロック
(インテリジェント
デバイス局)
× 最大1200m ×
最大
1台

最大
1台
※2

最大
1台
※2
※3

最大
1台

※1:FX3U-16CCL-M,FX2N-16CCL-Mは、FX2N-32ASI-Mと併用することはできません。
FX3U-16CCL-MとFX2N-16CCL-Mの併用はできません。
[リモートI/O局]
 最大8局接続可能(1局あたりシーケンサの実入出力32点を占有)
[リモートデバイス局+インテリジェントデバイス局の合計]
 最大8局接続可能(但し、RX/RYの合計点数が各256点以下)

※2:FX3GC,FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。
※3:FX3UCは、Ver.2.20以降で対応。
※4:FX3Uは、Ver.2.20以降で対応。

CC-Link/LT

形名 マスタ
機能
リモート,
スレーブ
機能
適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX2N-64CL-M

CC-Link/LT
マスタブロック
× ×
最大
8台

最大
8台
※1

最大
5台
※1

最大
5台

FX3UC-32MT-LT

マスタ機能内蔵
シーケンサ
× - - - - -

FX3UC-32MT-LT-2

マスタ機能内蔵
シーケンサ
× - - - - -

※1:FX3GC,FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。

CC-Link/LT用電源アダプタ・専用電源

形名 適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

CL1PAD1

電源アダプタ
×

CL1PSU-2A

専用電源
×

Ethernet

形名 適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3U-ENET-L

× × ※1

最大
1台
× ※1
※2

最大
1台

FX3U-ENET-ADP

※7
※8

最大
1台
※3
※5

最大
1台
※4
※6

最大
1台
※3

最大
1台
※4
※6

最大
1台

※1:FX3U,FX3UCは、Ver2.21以降で対応。
※2:FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。
※3:FX3G,FX3GCは、Ver2.00以降で対応。
※4:FX3U,FX3UCは、Ver3.10以降で対応。
※5:FX3Gへの接続は、FX3G-CNV-ADPが必要です。
※6:FX3U,FX3UC-32MT-LT(-2)への接続は、機能拡張ボードが必要です。
※7:FX3Sへの接続は、FX3S-CNV-ADPが必要です。
※8:FX3Sへの接続は、FX3U-ENET-ADP Ver.1.20以降で対応。

MODBUS

形名 適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3U-232ADP-MB

RS-232C通信用
特殊アダプタ
※7

最大
1台
※1
※2
※3

最大
1〜2台
※4
※5

最大
2台
※6

最大
2台
※4
※5

最大
2台

FX3U-485ADP-MB

RS-485通信用
特殊アダプタ
※7

最大
1台
※1
※2
※3

最大
1〜2台
※4
※5

最大
2台
※6

最大
2台
※4
※5

最大
2台

※1:FX3Gの14点,24点タイプは1台。40点,60点タイプは2台。
※2:FX3Gへの接続は、FX3G-CNV-ADPが必要です。
※3:FX3Gは、Ver.1.30以降で対応。
※4:FX3U,FX3UC-32MT-LT(-2)への接続は、機能拡張ボードが必要です。
※5:FX3U,FX3UCは、Ver.2.40以降で対応。
※6:FX3GCは、Ver.1.40以降で対応。
※7:FX3Sへの接続は、FX3S-CNV-ADPが必要です。

Sensor Solution

形名 適用シーケンサ
FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3U-128BTY-M

AnyWire Bittyシリーズ
マスタブロック
× ※1

最大
1台
※3

最大
1台
※2
※4

最大
1台
※3
※4

最大
1台

FX3U-128ASL-M

AnyWireASLINKシステム
マスタブロック
× ※1

最大
1台
※3

最大
1台
※2
※4

最大
1台
※3
※4

最大
1台

※1:FX3Gは、Ver.1.00以降で対応。
※2:FX3GCは、Ver.1.40以降で対応。
※3:FX3U,FX3UCは、Ver.2.20以降で対応。
※4:FX3GC,FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。

RS-232C通信

形名 通信機能 適用シーケンサ
簡易PC間リンク 並列リンク 計算機リンク 無手順通信 周辺機器通信 FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3G-232-BD

RS-232C通信用
機能拡張ボード
× × ※10

最大
1台
※1

最大
1〜
2台
× × ×

FX3U-232-BD

RS-232C通信用
機能拡張ボード
× ×
最大
1台
× ※2

最大
1台

FX3U-232ADP-MB

RS-232C通信用
特殊アダプタ
× × ※11

最大
1台
※1
※3
※7

最大
1〜
2台
※4
※8

最大
2台
※9

最大
2台
※4
※8

最大
2台

FX2N-232IF

RS-232C通信用
特殊ブロック
× × × × × ×
最大
8台
× ※5
※6

最大
7〜
8台

※1:FX3Gの14点,24点タイプは1台。40点,60点タイプは2台。
※2:FX3UC-32MT-LT(-2)のみ接続できます。
※3:FX3Gへの接続は、FX3G-CNV-ADPが必要です。
※4:FX3U,FX3UC-32MT-LT(-2)への接続は、機能拡張ボードが必要です。
※5:FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。
※6:FX3UC-32MT-LT(-2)は7台。FX3UC-□□MT/D,FX3UC-□□MT/DSS,FX3UC-16MR/D(S)-Tは8台。
※7:FX3Gは、Ver.1.30以降で対応。
※8:FX3U,FX3UCは、Ver.2.40以降で対応。
※9:FX3GCは、Ver.1.40以降で対応。
※10:機能拡張ボードとFX3S-CNV-ADPの併用はできません。
※11:FX3Sへの接続は、FX3S-CNV-ADPが必要です。

RS-485通信

形名 通信機能 適用シーケンサ
簡易PC間リンク 並列リンク 計算機リンク 無手順通信 周辺機器通信 FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3G-485-BD

RS-485通信用
機能拡張ボード
× ※8

最大
1台
※1

最大
1〜
2台
× × ×

FX3G-485-BD-RJ

RS-485通信用
機能拡張ボード
(RJ-45
コネクタタイプ)
※8

最大
1台
※1

最大
1〜
2台
× × ×

FX3U-485-BD

RS-485通信用
機能拡張ボード
× ×
最大
1台
× ※2

最大
1台

FX3U-485ADP-MB

RS-485通信用
特殊アダプタ
× ※9

最大
1台
※1
※3
※5

最大
1〜
2台
※4
※6

最大
2台
※7

最大
2台
※4
※6

最大
2台

FX-485PC-IF-SET

RS-232C/RS-485
変換インタフェース
× × × ×

※1:FX3Gの14点,24点タイプは1台。40点,60点タイプは2台。
※2:FX3UC-32MT-LT(-2)のみ接続できます。
※3:FX3Gへの接続は、FX3G-CNV-ADPが必要です。
※4:FX3U,FX3UC-32MT-LT(-2)への接続は、機能拡張ボードが必要です。
※5:FX3Gは、Ver.1.30以降で対応。
※6:FX3U,FX3UCは、Ver.2.40以降で対応。
※7:FX3GCは、Ver.1.40以降で対応。
※8:機能拡張ボードとFX3S-CNV-ADPの併用はできません。
※9:FX3Sへの接続は、FX3S-CNV-ADPが必要です。

RS-422通信

形名 通信機能 適用シーケンサ
簡易PC間リンク 並列リンク 計算機リンク 無手順通信 周辺機器通信 FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3G-422-BD

RS-422通信用
機能拡張ボード
× × × × ※3

最大
1台
※1

最大
1〜
2台
× × ×

FX3U-422-BD

RS-422通信用
機能拡張ボード
× ×
最大
1台
× ※2

最大
1台

※1:FX3Gの14点,24点タイプは1台。40点,60点タイプは2台。
※2:FX3UC-32MT-LT(-2)のみ接続できます。
※3:機能拡張ボードとFX3S-CNV-ADPの併用はできません。

USB通信

形名 通信機能 適用シーケンサ
簡易PC間リンク 並列リンク 計算機リンク 無手順通信 周辺機器通信 FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX3U-USB-BD

USB通信用
機能拡張ボード
× × × × × ×
最大
1台
×

最大
1台

:FX3UC-32MT-LT(-2)のみ接続できます。

機能拡張メモリの通信機能(インバータ運転制御,NTTドコモショートメール発信)

形名 通信機能 適用シーケンサ
簡易PC間リンク 並列リンク 計算機リンク 無手順通信 周辺機器通信 FX
3S
FX
3G
FX
3U
FX
3GC
FX
3UC

FX2N-ROM-E1

機能拡張
メモリカセット
- - - - - × × × × ×

FX2NC-ROM-CE1

機能拡張
メモリボード
× × × × ×

通信機能

CC-Link

CC-Linkは、さまざまなFA機器を接続する次世代仕様のオープンネットワークです。
FXシーケンサをCC-Linkのマスタ局とするためのマスタブロックと、CC-Linkのリモートデバイス局として接続するためのインタフェースを用意しています。

詳しくはこちら

CC-Link/LT

CC-Link/LTは、オープンネットワークCC-Linkのファミリーとして盤内、装置内の省配線化を図るオープンネットワークです。
また、FX3UC-32MT-LT(-2)は、CC-Link/LTのマスタ機能をシーケンサ本体に内蔵しているため、省配線ネットワークを手軽に実現できます。

詳しくはこちら

簡易PC間リンク

FXシーケンサを複数台(最大8台)接続し、各シーケンサ間で自動的にデータ交換を行うネットワークです。このネットワークでは、リンク用のデバイスを各シーケンサ間でデータ交信し、接続している全てのシーケンサでリンク用デバイスを共有(モニタ)することができます。

詳しくはこちら

並列リンク

シーケンサ2台間で、ビットデバイス(M)とワードデバイス(D)を自動的に更新します。

詳しくはこちら

計算機リンク

パソコンなどの計算機を親局として、FXシリーズを子局接続できます。
計算機側のプロトコルは「計算機リンクプロトコル形式1,形式4」に対応します。

詳しくはこちら

無手順通信

RS-232CまたはRS-485(422)通信インタフェース保有の機器(パソコンやバーコードリーダなど)と無手順のシリアル通信ができます。

詳しくはこちら

周辺機器通信

RS-232C/RS-422/USB(USBはパソコンのみ使用可能)通信機器などのコネクタへパソコンやGOT,HPPなどを接続し、シーケンスプログラムの転送やモニタを行います。

詳しくはこちら

インバータ通信

FX3シリーズシーケンサは、三菱インバータプロトコルと通信制御用の専用命令を内蔵しており、RS-485通信機器を増設するだけで手軽に三菱インバータの制御が行えます。

詳しくはこちら