ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

GX Works3

GX Works3

直感的なプログラミング環境による開発コスト削減
エンジニアリングソフトウェアはシステム設計、プログラミングツールとしてはもちろん、制御システムの運用・保守における中核として考えなければなりません。それはシステム設計からメンテナンスまでを1つのソフトウェアで直感的に行える、使いやすいものであるべきです。GX Works3は、構造化プログラミングとMELSEC iQ-R、MELSEC iQ-Fシリーズの制御システム用に設計された多彩な新機能と技術を備えていながら、簡単で使いやすい新世代エンジニアリングソフトウェアです。

■ ソフトウェアダウンロード

  • 最新版・アップデート版
       
  • 体験版・お試し版
       

直感的に操作できるエンジニアリングソフトウェア「GX Works3」

グラフィカルで直感的な操作性によりプログラミング工数を削減

グラフィカルで直感的な操作性と、ユニット構成図、ユニットラベル・ユニットFBの活用による「選ぶ」だけの簡単プログラミングを実現します。

「GX Works3」一つでモーション制御用のプログラム作成からデバッグが完結

シンプルモーションユニットのパラメータ設定から位置決めデータの作成、サーボアンプのパラメータ設定やサーボ調整まで、様々なシーンにGX Works3で対応できます。

国際規格IEC 61131-3に適合

エンジニアリングソフトウェアの国際規格IEC 61131-3に適合し、部品化・構造化プログラミングに対応しています。ST、ラダーなどのプログラミング言語をお使いいただけます。

「選ぶ」だけの簡単プログラミング

システム設計

ユニットを選ぶだけでシステム設計ができる「ユニット構成図」

  • ユニット一覧からドラッグ&ドロップするだけで、ユニット構成図を簡単作成
  • 各ユニットのパラメータを簡単設定
  • ユニットの配置変更に合わせて、プログラム・パラメータの影響箇所を自動検知

プログラミング

MELSOFT Library活用により、開発の効率化を実現する「ユニットラベル・ユニットFB」

  • ユニットの内部デバイスは、わかりやすい信号名称の「ユニットラベル」として登録済み。このユニットラベルを使用することで、マニュアルレスで簡単にプログラムが作成可能
  • MELSOFT Library(ユニットFB)により、使いたいユニットFBをラダーエディタ画面にドラッグ&ドロップするだけで、簡単にユニットを制御するプログラムが作成可能

デバッグ・運用保守

プログラムの変更履歴を簡単管理

  • 任意のタイミングで、プログラム変更内容(履歴)を登録
  • 変更前プログラムとの差異をグラフィカルに表示し、変更箇所を簡単に確認

図:「選ぶ」だけの簡単プログラミング

グローバル展開をサポートする多言語対応

GX Works3のメニューやメッセージは表示言語を簡単に切り替えられるため、1つのパッケージで多言語に対応できます。また、表示言語間で機能に差異がないため、世界各地の生産拠点にスムーズに導入できます。