ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

PX Developer

FBD言語(IEC61131-3準拠)を用い、ドラッグ&ドロップによるFB貼付けと結線操作によりループ制御プログラムを簡単に作成できます(ラダーレスプログラミング)。
また、ループのチューニング・監視操作も標準モニタ画面により、タグ単位で即座に実施できます。

■ ソフトウェアダウンロード

  • 最新版・アップデート版
       
  • 体験版・お試し版
       

ループ制御に必要十分なFB/ファンクションを標準搭載

下記FB/ファンクションの品揃えにより、簡単~複雑なループ制御まで対応できます。

(1) プロセスCPUに搭載の計装命令に対応したFB
(2) 上記(1)を組合せさらに使いやすくしたFB(調節計の機能まで持ったFB)
(3) アナログユニット、入出力ユニットにアクセスするFB

プログラムの標準化・再利用化が容易

IEC61131-3準拠により、FBDプログラムの階層化・再利用化が可能なため(ユーザ独自のFBを作成可)、プログラムの標準化・再利用化が容易に可能です。

シーケンス制御との容易な連携

FBDで作成したプログラムは、ラダープログラムとの間で論理名(ラベル名)によるデータ交換ができます。
これにより、ループ制御タグの定数切替やSV値変更などをラダーから容易に行うことができます。

チューニング・モニタ機能の充実

作成した制御ループのチューニング・モニタ・監視操作を行うための各種画面(フェースプレート・チューニング画面・アラーム・イベント一覧)を標準で用意し、プログラム作成後すぐにチューニング・モニタを開始できます。

二重化システムに対応

PC書込み・プログラムRUN中書込みを一度の操作で両系(制御系/待機系)に対して行うことができます。
接続先を切替えて制御系と待機系に対して書込む必要がないため、プログラムの変更が簡単に行えます。