ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC-QS/WSシリーズ

安全コントローラ MELSEC-WSシリーズ

安全コントローラは、「EN ISO 13849-1 カテゴリ4 PL e」「IEC 61508 SIL 3」の安全規格に対応した安全制御のためのコンパクトなコントローラです。小中規模の装置・システムの安全制御に最適です。システム構成にあわせて、1台のCPUユニットにつき144点まで安全入出力点数が拡張できます。また、設定・ロジック作成などの作業を簡単に行える専用「設定・モニタツール」(無償)もご用意しています。

MELSEC-WSシリーズ システム構成

*1. 入力点数:8点(一重化配線)、出力点数:4点(一重化配線)
*2. 入力点数:8点(一重化配線)
*3. 安全リレー出力:4点

フレキシブルな拡張性

  • 安全入力/入出力混合ユニットは最大12台、安全リレー出力ユニットは最大4台まで、ネットワークユニットは最大2台まで、拡張可能です。
  • I/Oの最大点数は、144点(一重化入力)まで拡張可能です。安全入力:96点(一重化入力)+安全出力:48点(一重化出力)

ファストシャットオフ機能により8msの応答性能を実現

安全入出力混合ユニットがCPUを介さずに安全出力をオフにするファストシャットオフ機能により、8msの応答性能を実現します。本機能により、安全システムでの安全距離の短縮が可能です。

安全コントローラ間の安全通信ネットワーク Flexi Line/Flexi Link

CPUユニット間を専用ケーブルを使って接続するだけで、安全コントローラ間の安全通信を低コストで簡単に実現できます。安全通信を実現するのに特別なネットワークユニットを追加する必要がないため、様々な生産現場に導入・活用できます。また、複数台の装置間連携が可能なため、生産システムの安全性が向上します。

*4. Flexi LineはWS0-CPU3のみ、Flexi LinkはWS0-CPU1、WS0-CPU3のみ使用できます。

既存のMELSECシーケンサに、安全制御を簡単に追加可能(CC-Link/Ethernet)

ネットワークインタフェース対応機能

  CC-Link
(WS0-GCC1)
Ethernet
(WS0-GETH)
シーケンサ
パソコン接続
情報のモニタ
データの通知
設定・モニタツール接続 ネットワーク経由接続

安全コントローラをCC-Linkに接続することで、既存のMELSEC-Q/Lシーケンサに安全制御を追加できます。また、既存のMELSEC-Q/Lシーケンサから安全コントローラの動作状態・エラー状態がモニタ可能です。さらなる「安全の見える化」により、非常停止要因の特定、故障箇所の調査を効率化します。

専用「設定・モニタツール」(無償)で直感的コンフィギュレーション

■ 構成設定

豊富なコンポーネント*を使用して、簡単・スピーディにハードウェア構成が設定できます。

  • 非常停止スイッチ、安全ドアスイッチ、ライトカーテンなど、主要な安全機器の接続パラメータをアイコンとして提供しています。
    画面上のドラッグ&ドロップだけで二重化設定できます。
  • 各パートナーメーカー製安全機器のコンポーネントはできます。
■ ロジック作成

安全機器について自動的に生成されたラベルを使用したファンクションブロックにより、ロジック作成が簡単です。

■ 診断・モニタ

ユニットの内部状態やエラー履歴などが確認できます。

■ レポート

I/Oユニットに対する配線図を自動作成できます。エラー診断などのレポートを作成でき、印刷、PDFでの保存が可能です。

■ I/Oマトリックス

入力と出力の関係性をマトリックスとして表示できます。


■ データレコーダ

安全コントローラで扱う安全入力信号や安全出力信号のON/OFF状態を記憶できます*5。設定・モニタツール上で記録した結果は、パソコン上のファイルに書き出すこともできますので、トラブルシューティングなどに役立てていただけます。

*5. F/WバージョンV2.01(リビジョン2.XX)以降のCPUユニットとV1.7.0以降の設定・モニタツールの組み合わせで利用できます。
■ ロジックのインポートとエクスポート

入出力ユニットへの接続設定やファンクションブロックで作成したアプリケーションロジックのみを一つの設定ファイルとして格納したり、格納済みの設定ファイルから読み込んだりできます。

製品一覧

品名 形名 略称
CPUユニット WS0-CPU000200 WS0-CPU0
CPUユニット (EFI付) WS0-CPU130202 WS0-CPU1
CPUユニット (EFI付・Flexi Line) WS0-CPU320202 WS0-CPU3
CPUユニット用メモリプラグ
(WS0-CPU0/WS0-CPU1用)
WS0-MPL000201 WS0-MPL0
CPUユニット用メモリプラグ
(WS0-CPU3用)
WS0-MPL100201 WS0-MPL1
安全入力ユニット WS0-XTDI80202 WS0-XTDI
安全入出力混合ユニット WS0-XTIO84202 WS0-XTIO
安全リレー出力ユニット WS0-4RO4002 WS0-4RO
USB/RS-232変換機能付ケーブル WS0-C20M8U
CPU接続用RS-232ケーブル WS0-C20R2
USB/RS-232変換ケーブル WS0-UC-232A
Ethernetインタフェースユニット WS0-GETH00200 WS0-GETH
CC-Linkインタフェースユニット WS0-GCC100202 WS0-GCC1
交換用ネジ端子台 WS0-TBS4
交換用スプリングクランプ端子台 WS0-TBC4
設定・モニタツール
SICK

MELSEC-WSシリーズは、ドイツの安全機器メーカ「SICK」社と共同開発・製造しています。
SICK(ジック)社はドイツの安全ソリューションサプライヤーです。
各種安全機器をはじめ、産業用センサ、自動認識システムなどの開発・製造を行っています。

*当社が提携したメーカと共同で開発・製造し、両社の社名・ブランドを冠した製品です。
一般仕様と保証内容が異なりますので、各支社にお問い合わせいただくか、各製品のマニュアルをご参照ください。
ジック株式会社 (SICK)http://www.sick.jp 別ウィンドウで開きます

ダウンロード


プレゼンテーションムービー TUV Rheinland認定証

プレゼンテーションムービー


設定・モニタツール コンポーネントアイコン


Ethernet接続用サンプルラダー SISTEMA用ライブラリ


ドライバ
-USBケーブル
-USB/RS-232変換機能付ケーブル
 (WS0-C20M8U)