ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC-QS/WSシリーズ

安全シーケンサ MELSEC-QSシリーズ

安全シーケンサは、「EN ISO 13849-1 カテゴリ4 PL e」「IEC 61508 SIL 3」に適合しています。中・大規模の安全制御に使用できます。ラダー&安全認証取得済みの安全FB*1によるフレキシブルなプログラミングを実現します。

*1. EN ISO 13849-1 カテゴリ4/PL eおよびIEC 61508 SIL 3までの安全アプリケーションを構築可能。

MELSEC-QSシリーズ システム構成

*2. 入力点数:8点(二重化配線)、出力点数:4点(ソース+シンクタイプ選択)
*3. 入力点数:8点(二重化配線)
*4. 出力点数:4点(ソース+シンクタイプ選択)

従来の安全回路構築の問題を解決

配線が複雑、トラブルシューティングに時間を要するなど、従来の安全回路構築が抱えていた課題・問題が、MELSEC-QSシリーズ導入により解決されます。

ラダーと安全FBによるプログラミングが可能

■ GX Developer

「GX Developer」で、QSシリーズの安全シーケンサの立上げ(プログラミング、モニタ、診断、デバッグ)が実行できます。またCC-Link SafetyとCC-Link IEフィールドネットワーク、安全リモート局のパラメータ設定もできます。*5

*5. 一般シーケンサのCC-Link IEフィールドネットワーク設定には、GX Works2が必要です。

■ 安全FB(ファンクションブロック)*6

安全プログラムの作成時によく使用される機能を安全FBとして提供します。安全FBは安全認証を取得しております。

安全FB一覧表

FB名 機能名称 機能概要
F+2HAND2 両手スイッチタイプⅡ タイプⅡの両手操作スイッチの制御(EN 574、4章)
F+2HAND3 両手スイッチタイプⅢ タイプⅢの両手操作スイッチの制御(EN 574、4章、二重化不一致時間は500ms固定)
F+EDM 外部デバイスモニタ アクチュエータ、コンタクタなどの安全遮断機器の監視と安全出力の制御
F+ENBLSW イネーブルスイッチ 3ポジションイネーブルスイッチの入力信号の評価
F+ESPE ライトカーテン(ESPE) ライトカーテンなどによる停止カテゴリ0の非常停止
F+ESTOP 非常停止 非常停止スイッチによる停止カテゴリ0の非常停止
F+GLOCK ガードインタロック ガードロック機能を備えた安全ガード(4状態インタロック)による危険区域への侵入管理
F+GMON ガードモニタリング 2つの安全スイッチによる安全ガードの監視、ガード閉鎖時の二重化スイッチ不一致時間(MonitoringTime)の監視
F+MODSEL モード選択 手動、半自動などの動作モードの選択
F+MUTE2 2センサによる並列ミューティング 2台のセンサによるライトカーテン安全機能の無効化(ミューティング)
F+MUTEP 並列ミューティング 4台の並列配置センサによるライトカーテン安全機能のミューティング
F+MUTES 直列ミューティング 4台の並列配置センサによるライトカーテン安全機能のミューティング
F+OUTC 出力制御 アプリケーションおよび一般制御機器による安全出力制御と起動禁止の設定
F+TSSEN 安全センサテスト テスト可能な外部センサ(ライトカーテンなど)のテスト機能
(例:センサユニットの検出機能の喪失、応答時間の超過、単一チャンネルセンサのON固着)
F+EQUI 二重化入力
(NC+NCまたはNO+NO)
安全入力信号2点(NO接点2点またはNC接点2点)の状態を監視し、結果を出力
F+ANTI 二重化入力(NO+NC) 安全入力信号2点(NC接点とNO接点)の状態を監視し、結果を出力
*6. 安全FBはGX Developerバージョン8.82L以降にて搭載されています。(QS001CPUはシリアルNo.上5桁11042以降で対応しています。)

異常・故障発生時の保守が容易

■ PC診断

安全CPUの動作状態、現在のエラー、操作/エラー履歴(CC-Link Safetyシステムのエラー履歴を含む)を確認できます。操作/エラー履歴は最大3000件まで記録でき、CSVファイルに保存できます。

■ エラー詳細

安全リモートI/O局の場合は、エラー名称、発生日時、エラー内容・処置などが表示されます。

デバッグ機能の活用

安全CPU動作モードを採用することで、テストモードに限り従来の便利なデバッグ機能(デバイステスト、RUN中書込みなど)が活用できます。

製品一覧

品名 形名
安全CPUユニット QS001CPU
安全基本ベースユニット QS034B
安全電源ユニット QS061P-A1
QS061P-A2
CC-Link IEフィールドネットワークマスタ・ローカルユニット QS0J71GF11-T2
CC-Link Safetyシステムマスタユニット QS0J61BT12
CC-Link SafetyシステムリモートI/Oユニット QS0J65BTB2-12DT
QS0J65BTS2-8D 
QS0J65BTS2-4T 
※韓国KOSHA Sマーク対応品は形名の末尾に-Kが付きます。

導入事例


安全シーケンサ導入事例

安全シーケンサ導入事例

安全シーケンサを実際の設備に導入した事例を、
ビデオ動画で分かりやすくご紹介します。
※音声による解説付きです。
(FLV形式:8分7秒)

ダウンロード


TUV Rheinland認定証 SISTEMA用ライブラリ