ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

三相モータ高効率法規制 トップランナー/米国EISA対応モータ SF-PR

三菱高性能省エネモータ。スーパーラインプレミアムシリーズ SF-PR形 国内トップランナー基準/米国EISA法対応

三相モータ高効率法規制

[IEコードについて]

効率基準の国際標準として、2008年10月にIEC60034-30(単一速度三相かご形誘導電動機の効率クラス)が制定されました。
この中で、IE1~IE4に効率がクラス分けされており、数値が大きいほど効率が高いことを示します。

[主要各国の高効率法規制導入状況]

2014年10月現在

[日本の法規制動向]

日本では、2015年4月1日から目標年度が開始される「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」のトップランナー基準に対応したトップランナーモータへの切替の普及促進が進められています。
規制の対象(報告者)は製造事業者、輸入事業者であり、2015年4月1日以降は、トップランナーモータの供給が原則となります。

※トップランナー基準:目標基準値はIE3ですが、3定格(6定格)を含む場合の200V 60Hz(400V 60Hz)については、実質の基準値はIE3よりも低くなります。
3定格:200/200/220V 50/60/60Hz または 400/400/440V 50/60/60Hz
6定格:200/200/220/400/400/440V 50/60/60/50/60/60Hz
■ 関連資料








作成:
容量: (PDF)