ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

ブレーキ付トップランナーモータ SF-PRB

構造と動作

■ 動作

コイルに通電するとアーマチュアは制動バネの圧縮力に打ち勝ち固定コアに吸着され、アーマチュアとディスクの間に空隙ができてブレーキは開放されます。
ブレーキ電源を切るとアーマチュアは制動バネにより押しもどされ、ディスクをブレーキ板に押しつけ、摩擦トルクによりブレーキがかかります。通電しない状態では常にブレーキがかかっています。

■ ギャップ調整

ディスク(ライニング)が摩耗してギャップ(電磁石ストローク)が大きくなると動作音が大きくなったり吸引不能となりモータの焼損やブレーキの機械的損傷の危険性が生じてきます。
電磁石ストロークの限界値に達する前に初期値までギャップ調整を実施ください。詳細は取扱説明書をご覧ください。


標準仕様

項目 内容
モータ 外被構造・形名 全閉外扇形 SF-PRB
電圧・周波数 200/200/220/230V 50/60/60/60Hz
または
400/400/440/460V 50/60/60/60Hz
保護方式 モータ:IP44   ブレーキ:IP20
耐熱クラス 120(E):わく番号80M~112M
130(B):わく番号132S~160L
使


周囲温度 -20~40℃
湿度 95%RH以下
標高 1000m以下
雰囲気 腐食性及び爆発性ガス、蒸気及び結露が無く、塵埃が少ないこと
口出線 リード本数   3.7kW以下:3本  5.5kW以上:6本
わく番号132以下は端子台方式
わく番号160はラグ方式
ブレーキ用リードは端子箱内で電源装置に接続
塗色 マンセル N7
適用規格 JIS C 4213※2 JEC-2137-2000
ブレーキ 制動方式 無励磁制動形(スプリング制動形)
制動トルク 7.5 ~ 150 N・m
電源装置
電源方式 わく番号 取付場所 入力電圧 (ACV)
半波整流 80~112 端子箱内 200
400
過励磁※1 132 端子箱横 200
400
160 端子箱内
絶縁階級 F種
機械的寿命 200万回
適用規格 TES 1111
※1 わく番号132,160の電源装置は専用の電流制御型過励磁電源です。
※2 名板への表示は2015年3月までに対応予定です。