ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

防水・防塵形トップランナーモータ SF-PRP

特長

防塵・防水性能(保護方式IP55)

JIS C 4034-5に規定されている塵埃試験、注水試験に適合していますので、多量の水がかかるような場所でも安心してご使用いただけます。

構造

モータの主要部分は、SF-PR形と同じですが、屋外形以上に過酷な条件下でも安定した運転ができるように、次の項目に特別な考慮をはらっています。

1.軸貫通部

負荷側・反負荷側とも軸と共に回転するフリンジャやVリングを設け、外部からの水滴がモータ内部に浸水しないようにしています。さらに、防塵・防水効果をより高めるために負荷側・反負荷側ともに端カバーを取付けています。

※立形モータの反負荷側はフリンジャまたはVリングを取付け、フランジ形モータの反負荷側はフリンジャまたはVリングさらに端カバーを取付けています。
立形・フランジ形モータの負荷側は相手機械に組込まれるため、軸貫通部は防水構造となっておりませんのでご注意願います。

2.端子箱

わく番号80~180の端子箱は鋼板製、わく番号200以上は鋳鉄製です。座とふたの間にはパッキンを設け、完全な防塵・防水構造にしています。端子部はわく番号80~132には端子台接続方式を、わく番号160以上にはリード線式圧着端子接続方式を採用しています。また、外部ケーブル引込口は管用平行ねじですから、電線管や電線貫通金物を取付けることができます。

3.はめ合部

フレームとブラケットのはめ合部には液体パッキンを塗布して防塵・防水効果を高めています。
モータ分解点検、再組立時には、液体パッキンの再塗布をお願いいたします。

4.据付け方向

外形寸法図に示した標準の据付け方向で防塵・防水効果を発揮しますので、標準以外の据付けをする場合はご照会ください。

5.塗装

塗装は耐候性、耐塩水性、耐薬品性にすぐれた塗料を使用しています。