ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

S-PMギヤードモータ

安定した速度制御と省エネをご提案 S-PMギヤードモータ

サーボモータに迫る速度制御をセンサレスで実現

速度変動率は±0.05%

  • S-PMギヤードモータ(永久磁石モータ)と三菱独自のPMセンサレスベクトル制御の組合せにより、負荷が変化しても速度変動が少ない高精度な速度制御を実現しました。
  • 速度変動率はサーボモータに迫る±0.05%、従来の誘導モータでは対応できなかった半導体や液晶製造ラインなどの高精度搬送用途への適用が可能です。

モータ基準IE3レベルをクリアした高効率

  • S-PMギヤードモータは回転子に強力な永久磁石(高性能フェライト磁石)を組込んだ高性能省エネルギーモータです。
    誘導モータ高効率基準IE3*2レベルをクリア、機械装置の省エネルギーを実現できます。
    (センサレスPMモータは三相モータの高効率法規制の対象外です。)

モータ効率比較


効率クラス(IEコード)
分類 効率クラス(IEコード)
スーパープレミアム効率 IE4
プレミアム効率 IE3
高効率 IE2
標準効率 IE1
標準外
*2 モータの効率クラス
国際規格IEC60034-30「回転電気機械-第30部:単一速度三相かご形誘導電動機の効率クラス(IEコード)」にて規定されている効率クラスに基き、国内JIS規格JISC4034-30が発行されました。
分類は右表に示します。

コンパクト

モータ体積比較
  • S-PMギヤードモータは永久磁石回転子と最適設計により、従来の誘導モータと比較して20~40%の小形化を実現しています。
    機械装置の小形・軽量化に貢献します。

クリーン&サイレント

  • 三菱独自のRGC加工*3による高精度歯車により騒音を約4dB低減しました。
*3 RGC(Round-bar Gear Cutting)加工とは、鋼材を熱処理(焼入)した後に歯切
する歯車加工技術です。
従来の歯車加工で発生する歯車の熱変形がなく、高精度な歯車が製造できます。
  • 0.75kW以下*4はモータが全閉自冷構造で、冷却ファンがなく高速運転時も低騒音です。
    また、低発塵でクリーンルームへの適用も可能です。
*4 0.75kWブレーキ付は全閉外扇形となります。

全閉自冷構造と騒音比較(

センサレスならではの使い易さ

簡易位置保持イメージ

  • 永久磁石モータの制御で必要となるセンサ(エンコーダ)が不要です。
    センサ不要による省配線、信頼性向上が可能です。
  • 予備励磁機能*5により停止時の簡易位置保持が可能です。
    簡易的に保持ブレーキとして使用できます。*6
*5:予備励磁とは停止時に直流励磁し保持トルクを発生する制御です。
保持トルクは約50%(初期値)です。
パラメータ設定により、調整することが可能です(0~150%)。
ただし、50%以上は短時間定格となります。
*6:昇降用途には、ブレーキ付をご使用ください。
サーボロック機能はありません。