ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

手動式電源装置

LD-10PAU-A/LD-10PAU-B形パワーアンプ

LD-10PAU-A/LD-10PAU-B形パワーアンプは、電線やワイヤ,紙,フィルムなど張力制御を必要とする機械に使用される、DC24V系の小形パウダクラッチ・ブレーキ、またはヒステリシスクラッチ・ブレーキの励磁電流を制御するためのパワーアンプです。
定電流制御方式により、クラッチ・ブレーキの温度変化によるコイル抵抗の変化が生じても、出力電流を一定に制御して発生トルクを一定に保持することで安定性の良い高精度制御を実現しました。

LD-10PAU-A/LD-10PAU-B形パワーアンプ

  • 定電流制御方式
    DC24V入力、定格電流1.0Aまで
  • 軸間の補正機能を搭載
    高精度な多連同時制御を実現
  • 三菱GOT表示器接続
    簡単操作とオリジナル画面表示
    GT1020表示器用サンプル画面データのダウンロードはこちら
    GT2103表示器用サンプル画面データのダウンロードはこちら
  • FXシーケンサ接続
    クラッチ・ブレーキと装置をトータル制御
  • 局間通信機能付タイプラインアップ
    標準機能タイプ(LD-10PAU-A)とRS-485局間通信機能搭載タイプ(LD-10PAU-B)
  • 非線形補正機能を内蔵
    クラッチ・ブレーキ形名に応じた安定制御出力
  • 多様な出力指令
    外部信号やアナログ入力などが選択可能
  • DC24V電源採用
    コンパクトで高いコストパフォーマンス

電源電圧DC24Vでは内部電圧降下により1.0A出力は確保できないばあいがあります。

外部接続図

外部接続図