ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

半自動テンションコントローラ

LE-5AP/LE-5AP-E形オペレータパネル

LE-5AP/LE-5AP-E形オペレータパネルは、付属の接続ケーブルで簡単にLE-50PAU形パワーアンプと接続でき、積算厚み演算方式(巻軸センサ必要)または、速度・厚み演算方式(センサレス)による半自動張力制御を実現します。

LE-5AP形オペレータパネル LE-5AP-E形オペレータパネル

  • トルク特性の非線形補正機能
    パウダクラッチ・ブレーキの励磁電流対伝達トルクの非線形性を5段階の折線近似で補正します。巻径変化に対する張力の変化を少なくすることができます。
  • 定電流・定電圧制御方式を採用
    定電流・定電圧制御の両方式での制御が可能ですstrong内蔵のDIPスイッチで切替え設定)。定電流制御を選択することにより、パウダクラッチ・ブレーキのコイルの温度上昇によるトルク変化の影響がなくなり、安定した張力が得られます。
  • テーパ制御が可能
    最小径,最大径のほかに2点の中間径を設定することにより、3段の折線テーパテンション制御が可能です。
  • 海外向けにも対応
    英語表記タイプもあります。
       ・日本語表記タイプ:LE-5AP
       ・英語表記タイプ:LE-5AP-E

■ 製品詳細

動作原理

積算厚み演算方式
運転開始時の初期径、材料厚みを設定し、巻軸に設けられた巻軸センサからのパルス信号により巻径を演算し、巻径の変化に応じてパワーアンプの出力を変化させる方法です。

速度・厚み演算方式
運転開始時の初期径、平均運転速度(ライン速度)、材料厚みを設定し、運転時間から巻径を演算して巻径の変化に応じてパワーアンプの出力を変化させる方法です。

設定項目一覧(LE-50PAUとの組合せにおける設定項目)

設定項目 単位 設定範囲 初期値
材料厚さ μm 0.1~3276.7 0
テ│パ制御特性 最小径 mm 1~1999 0
小径 mm 1~1999 0
大径 mm 1~1999 0
最大径 mm 1~1999 0
最小径張力 % 20~500 100
小径張力 % 20~500 0
大径張力 % 20~500 0
最大径張力 % 20~500 100
ライン速度 m/min 1~999 0
トルク補正 10%トルク % 1.0~99.9 10
20%トルク % 1.0~99.9 20
40%トルク % 1.0~99.9 40
80%トルク % 1.0~99.9 80
停止制御 ストップゲイン % 0~300 100
ストップバイアス % 0~60 0
ストップタイマ s 0~30 10
補助出力タイマ s 0~30 10

外部接続図(LE-50PAUとの組合せ使用時)

外部接続図(LE-50PAUとの組合せ使用時)