ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

シリアルコミュニケーションユニット QJ71C24N-R2

性能仕様

インタフェース CH.1
CH.2
通信方式 回線
MELSECコミュニケーションプロトコル交信
通信プロトコル交信
無手順プロトコル交信
双方向プロトコル交信
同期方式
伝送速度
データ形式 スタートビット
データビット
パリティビット
ストップビット
アクセスサイクル MELSECコミュニケーションプロトコル交信
通信プロトコル交信
無手順プロトコル交信
双方向プロトコル交信
エラー検出 パリティチェック
サムチェックコード
伝送制御 RS-232 DTR/DSR制御
RS/CS制御
CD信号制御
DC1/DC3(Xon/Xoff)制御
DC2/DC4制御
回線構成(相手機器側:CPUユニット側) RS-232 MELSECコミュニケーションプロトコル
通信プロトコル
無手順プロトコル
双方向プロトコル
伝送距離 RS-232
入出力占有点数
DC5V内部消費電流
外形寸法 高さ(H)
幅(W)
奥行き(D)
質量
RS-232準拠(D-Sub 9P)
RS-232準拠(D-Sub 9P)
全二重通信/半二重通信
半二重通信
全二重通信/半二重通信
全二重通信/半二重通信
全二重通信/半二重通信
調歩同期方式
50,300,600,1200,2400,4800,9600,14400,19200,28800,38400,57600,115200,230400bps
・230400bpsはCH1側のみ使用可能(CH2側では使用不可)
・2つのインタフェースの合計伝送速度が230400bps以内で使用可能
・送受信データモニタリング機能を使用時は,2つのインターフェースの合計伝送速度が115200bps以内で使用可能
1
7/8
1(垂直パリティ)/なし
1/2
装着局シーケンサCPUのEND処理時に1要求分を処理
*処理に要するスキャン回数/リンクスキャン回数は,要求内容により異なる
送受信ともに,専用命令による実行要求時
送信は送信要求ごとに実行
受信は常時可
送信は送信要求ごとに実行
受信は常時可
全プロトコル対象,あり時は奇数/偶数をパラメータで選択
MCプロトコル/双方向プロトコル用は,パラメータで選択
通信プロトコル用は,選択するプロトコルでサムチェックコードの有無が決まる
無手順プロトコル用は,ユーザ登録フレームで選択
1:1
1:1
1:1
1:1
最大15m
32点(I/O割付:インテリ 32点)
0.26A
98mm
27.4mm
90mm
0.20kg
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

一般仕様

一般仕様
CPUユニットの一般仕様を参照してください。
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後