ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

FX5UC CPUユニット FX5UC-32MT/DS-TS

基本情報

製品主画像拡大

概要 DC電源 DC入力 スプリングクランプ端子台タイプ
入力:16点 DC24V シンク/ソース
出力:16点 トランジスタ シンク
内蔵高速カウンタ:最大6ch 200kHz+2ch 10kHz
内蔵位置決め:最大200kHz 4軸
内蔵Ethernetポート:1ch
内蔵RS-485ポート:1ch
標準価格 ¥72,000
適合規格 CE(EMC) UL/cUL KC

特長

CPU性能

MELSEC iQ-Fの心臓部となるシーケンス実行エンジンは構造化プログラムや複数プログラムの実行, ST言語, FBなどに対応可能な新開発の実行エンジンを搭載しています。

制御規模最大512点

リモートI/O(CC-Link, AnyWireASLINKおよびBittyシリーズ)使用時、最大512点の制御が可能です。

内蔵位置決め(200kHz、4軸内蔵)

4軸のパルス出力による位置決め機能を備えています。
またテーブル方式で設定し、割り込みや可変速度運転, 簡易補間機能に対応した応用命令も使用可能です。

シンプルモーションユニット接続可能

シンプルモーションユニットを接続することで、SSCNET III/Hに対応した位置決めが可能です。
テーブル方式によるプログラムで直線補間, 2軸円弧補間, および連続軌跡制御を組み合わせ、容易になめらかな軌跡を描くことができます。

内蔵Ethernetポート

Ethernet通信ポートは、ネットワーク上で最大8コネクションの通信に対応し、多くのパソコンや機器との接続が可能です。また、リモートメンテナンスや上位機器とのシームレスなSLMP通信などにも対応できます。

内蔵RS-485ポート(MODBUS(R)機能付)

RS-485通信ポートを内蔵し、三菱汎用インバータとの通信が最長50m、最大16台まで可能です(6つの応用命令でコントロール可能)。
またMODBUS機能にも対応しており、シーケンサやセンサ、温度調節器などの周辺機器と最大32台(マスタを含む)まで接続することができます。

内蔵SDカードスロット

プログラムのアップデートや装置の量産に便利なSDカードスロットを内蔵しています。
またSDカードにはデータをロギングすることができ(将来対応)、装置の状態や生産状況などの解析に役立ちます。

高速システムバス通信

MELSEC iQ-Fは高速なCPUとともに、1.5kワード/ms(FX3U比で約150倍)の高速システムバス通信を実現し、データ量の多いインテリジェント機能ユニットを使用する際にも、能力を最大限に発揮できます。

RUN/STOP/RESETスイッチ

RUN/STOPスイッチにRESET機能を搭載しました。
デバッグ時も主電源を落とさずに再起動ができるため効率的です。

セキュリティ

MELSEC iQ-Fは第三者からの不正アクセスによるデータの盗難、不正実行などをセキュリティ機能(ファイルパスワード, リモートパスワード, セキュリティキー)で防止します。

バッテリレスでメンテナンスフリー

プログラムはバッテリなしで保持可能で、時計データは大容量コンデンサにより10日間保持されます(使用状況により異なります)。
※:オプションバッテリ使用で時計データや, デバイスメモリの停電保持(ラッチ)が可能です。