ここから本文

Factory Automation

製品検索 インバータ FREQROL


仕様から選ぶ
製品情報
簡単・パワフル小形インバータ FREQROL-E700シリーズ 三相200V FR-E720-0.1K
製品情報
 
 
汎用  三相200Vクラス  適用モータ容量0.1KW
価格:¥49,800  納期:○
[納期について]  ○:仕込み生産品  △:受注生産品(1.5~2.5ヶ月)  詳細納期はお取引先へお問い合わせください。
小形機種トップレベルの駆動性能
アドバンスド磁束ベクトル制御で0.5Hz時200%の高トルクを実現(3.7K以下)。短時間過負荷耐量を従来機種200%0.5秒間から200%3秒間へ耐量アップするとともにトルク制限機能を装備、さらにねばり強くさらにパワフルになりました。
ダントツの操作性
スクロールスピードを可変式としてさらに操作性を向上したMダイヤルを搭載。USBコネクタを標準装備しパソコンからFR Configurator(セットアップソフトウェア)のウィザード(対話形式)機能による設定支援を実現します。
充実の拡張性
内蔵オプションの装着によりデジタル入力、アナログ出力の増設、CC-Linkを始め各種通信に対応できます。着脱式端子台により用途に応じた制御端子が選択可能です。高級機並みの拡張性を実現しました。
製品シリーズ FREQROL-E700
タイプ簡単・パワフル小形インバータ FREQROL-E700シリーズ 三相200V
製品形名FR-E720-0.1K
適用モータ容量(kW)0.1 kW
出力定格容量(kVA)0.3
定格電流(A)0.8
過負荷電流定格150% 60s、200% 3s (反限時特性)
電圧3相 200~240V
回生制動トルク最大値・許容使用率
電源電圧クラス三相200Vクラス
定格入力交流電圧・周波数3相 200~240V 50Hz/60Hz
交流電圧許容変動170~264V 50Hz/60Hz
周波数許容変動±5%
電源設備容量(kVA)0.4
保護構造(JEM 1030)閉鎖形(IP20)、全閉鎖構造シリーズはIP40となります。
冷却方式自冷
概略質量(kg)0.5
制御仕様制御方式Soft-PWM制御/高キャリア周波数PWM制御(V/F制御、アドバンスト磁束ベクトル制御、汎用磁束ベクトル制御、最適励磁制御を選択可能)
出力周波数範囲0.2~400Hz
周波数設定分解能アナログ入力0.06Hz/60Hz(端子2、4:0~10V/10bit)、0.12Hz/60Hz(端子2、4:0~5V/9bit)、0.06Hz/60Hz(端子4:4~20mA/10bit)
デジタル入力0.01Hz
周波数精度アナログ入力最大出力周波数の±0.5%以内(25℃±10℃)
デジタル入力設定出力周波数の0.01%以内
電圧/周波数特性基底周波数0~400Hz任意設定可能、定トルク・低減トルクパターン選択可能
始動トルク200%以上(0.5Hz時)・・・アドバンスト磁束ベクトル制御を設定した場合(3.7K以下)
トルクブースト手動トルクブースト
加速・減速時間設定0.01~360s、0.1~3600s(加速・減速個別設定可能)、直線またはS字加減速モード選択可能
直流制動動作周波数(0~120Hz)、動作時間(0~10s)、動作電圧(0~30%)可変
ストール防止動作レベル動作電流レベル設定可能(0~200%可変)、有無の選択可能
トルク制限レベル0~200%
運転仕様運転機能上下限周波数設定、周波数ジャンプ運転、外部サーマル入力選択、瞬停再始動運転、正転・逆転防止、遠隔設定、ブレーキシーケンス、第2機能、多段速運転、あて止め制御、ドループ制御、回生回避、すべり補正、運転モード選択、オフラインオートチューニング機能、PID制御、計算機リンク運転(RS-485)
周波数設定信号アナログ入力端子点数2点
アナログ入力端子仕様端子2:0~10V、0~5V選択可能 端子4:0~10V、0~5V、4~20mA選択可能
デジタル入力操作パネル、パラメータユニットにより入力
始動信号正転・逆転個別、始動信号自己保持入力(3ワイヤ入力)選択可能
入力信号端子点数(接点入力)7点
パルス列入力なし
入力端子選択可能信号多段速度選択、遠隔設定、あて止め選択、第2機能選択、端子4入力選択、JOG運転選択、PID制御有効端子、ブレーキ開放完了信号、外部サーマル入力、PU-外部運転切換、V/F切換、出力停止、始動自己保持選択、正転、逆転指令、インバータリセット、PU-NET運転切換、外部-NET運転切換、指令権切換、インバータ運転許可信号、PU運転外部インタロックから選択
出力信号出力端子(オープンコレクタ出力)点数2点
出力端子(リレー出力)点数1点
出力端子選択可能信号インバータ運転中、周波数到達、過負荷警報、出力周波数検出、回生ブレーキプリアラーム、電子サーマルプリアラーム、インバータ運転準備完了、出力電流検出、ゼロ電流検出、PID下限リミット、PID上限リミット、PID正転逆転出力、ブレーキ開放要求、ファン故障、FIN過熱プリアラーム、停電減速中、PID制御動作中、リトライ中、寿命警報、電流平均値モニタ、リモート出力、軽故障出力、異常出力、異常出力3、メンテナンスタイマ警報から選択
出力端子選択可能信号(オプション装着時)本体と同じ信号を出力
表示計用出力端子点数1点
表示計用出力端子仕様FM:最大2.4kHz
パルス列出力なし
表示計用出力端子選択可能信号出力周波数、モータ電流(定常)、出力電圧、周波数設定値、モータトルク、コンバータ出力電圧、回生ブレーキ使用率、電子サーマル負荷率、出力電流ピーク値、コンバータ出力電圧ピーク値、基準電圧出力、モータ負荷率、PID目標値、PID測定値、出力電力から選択。パルス列出力
表示操作パネル運転状態出力周波数、モータ電流(定常)、出力電圧、周波数設定値、積算通電時間、実稼動時間、モータトルク、コンバータ出力電圧、回生ブレーキ使用率、電子サーマル負荷率、出力電流ピーク値、コンバータ出力電圧ピーク値、モータ負荷率、PID目標値、PID測定値、PID偏差、インバータ入出力端子モニタ、入出力端子オプションモニタ、出力電力、積算電力、モータサーマル負荷率、インバータサーマル負荷率より選択可能
異常内容保護機能の動作時に異常内容を表示、異常内容8回分を記憶(保護機能動作直前の出力電圧・電流・周波数・積算通電時間)
保護・警報機能<保護機能> 加速中過電流、定速中過電流、減速中過電流、加速中過電圧、定速中過電圧、減速中過電圧、インバータ保護サーマル動作、モータ保護サーマル動作、フィン過熱、入力欠相、起動時出力側地絡過電流、出力短絡、出力欠相、外部サーマル動作、オプション異常、パラメータエラー、PU抜け発生、リトライ回数オーバー、CPU異常、ブレーキトランジスタ異常、突入抵抗過熱、通信異常、アナログ入力異常、USB通信異常、ブレーキシーケンスエラー4~7 <警報機能> ファン故障、過電流ストール防止、過電圧ストール防止、PU停止、パラメータ書込みエラー、回生ブレーキプリアラーム、電子サーマルプリアラーム、メンテナンス出力、不足電圧
環境周囲温度−10℃~+50℃(凍結のないこと) (全閉鎖構造仕様のときは−10℃~+40℃)
周囲湿度90%RH以下(結露のないこと)
保存温度−20℃~+65℃
雰囲気屋内(腐食性ガス・引火性ガス・オイルミスト・じんあいのないこと)
標高・振動海抜1000m以下・5.9m/s2以下
制約事項
  ●適用モータは、4極の三菱標準モータを使用する場合の最大適用容量を示します。
  ●定格出力容量は、出力電圧が200Vクラスは220V、400Vクラスは440Vの場合を示します。