ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

CamMagic AD

切削加工用CAD/CAMシステム CamMagic AD

切削加工機用CAD/CAMシステム

CammagicAD
e-factory
切削加工機

お知らせ

2016/9/12
Ver.8を発売開始致しました。
ショートカットキーのカスタマイズ機能の追加、工具降下点機能の改良等、操作性の向上や加工速度の向上を図りました。pdf

導入効果

CamMagic AD切削加工用は、以下のようなお客様に導入頂くと効果があります。

<ケース1> CamMagic ADワイヤCAMを使用しているお客様

CamMagic ADワイヤCAM

  • ① 使い慣れたワイヤCAMと同じ操作性を提供しますので、立ち上がりが楽です。
  • ② ご使用中のワイヤCAMに切削CAMを追加できます。
    また様々なポストを用意しており、未対応の機種でもポスト対応できます。

<ケース2> 切削加工用CAMの維持費用にご不満をお持ちのお客様

  • ① パソコンが壊れたがバージョンアップに法外な費用が必要と言われた。
  • ② 毎年の保守契約料が高すぎる。価格の割にメリットがない。
    ⇒ リーズナブルなソフトウェア年間サポートサービスを用意しております。 詳細はこちら

<ケース3> 小物加工が多く精密な仕上げを望んでいるお客様

精密仕上げを実現する他社CAMとの大きな違いがあります。詳細は特長の欄をご覧ください。

(CamMagic ADは三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社の製品です。)

特長

加工性能向上 小物の精密仕上げ 元モデルからダイレクトに加工パスを生成 詳細
面上に工具をなぞらせて加工パスを生成
エッジ部の精度向上 エッジ部で工具軌跡を制御してピン角エッジを仕上げます。 詳細
安全性向上 シミュレーション 削り残し、削り過ぎを指定単位で色分け表示 詳細
簡単操作 加工部位自動認識 穴加工、ポケット加工を自動認識し加工工程も自動割り付け 詳細

詳細説明

小物の精密仕上げ

元モデルからダイレクトに加工パスを生成

自動抽出

元モデルを幾つかの平面に近似して加工パスを生成します。
大物でも計算時間は早いですが、曲面に細かな段差ができやすいパスとなります。

近似することなく元モデルに忠実な加工パスを生成します。
大物になるほど計算時間は掛かりますが、曲面でも段差が少ない滑らかなパスを生成できます。

面上に工具をなぞらせて加工パスを生成

自動抽出

面単位でパスを生成した後に、各面のパスを連続化します。
面のつなぎ目において、段差や切り返すパス等が発生しやすくなります。

面に沿って工具モデルをなぞってパスを生成します。
パスをつなげる必要がないため、段差や切り返すパス等が発生しにくい滑らかなパスとなります。

エッジ部の精度向上

エッジ部で工具軌跡を制御してピン角エッジを仕上げます。

エッジ
角出し=ON

ピン角を出したい場合はエッジ部から工具を一旦離してから加工します。

角出し=OFF

Rを付けたい場合はそのままエッジ部を連続して加工します。

シミュレーション

削り残し、削り過ぎを指定単位で色分け表示

比較表示設定
仕上げ加工

削り残し、削り過ぎを指定単位で色分け表示

加工部位自動認識

穴加工、ポケット加工を自動認識し加工工程も自動割り付け

穴加工、ポケット加工自動割り付け

円筒面を穴加工として自動認識します。
多段穴、面取り穴、裏/表の区別を行い加工工程を自動で割り付けます。

ポケット加工も自動認識します。

ネジ穴部では、タップ部、逃がし部等で色分けしておけば、色毎に加工工程を自動で割り付けます。

関連リンク

カタログ



●お問い合わせはこちら