ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

周辺ソフトウェア

レーザ用生産支援ソフトウェア

BANKIN Navigator
レーザ用生産支援ソフトウェア

作業進捗状況を監視することにより「現場の見える化」を推進し
無駄を排除した生産性の向上が可能。
さらに、作業負荷、加工機の稼働率やメンテナンス時期を管理し
場当たり的な生産体質からの脱却を後押しします。

BANKIN Navigator
注文登録時に負荷状況を確認しながら、
割り込み作業への適切な判断を支援


・注文情報登録時に現在の生産負荷状況を確認し、当日に割り込む作業の受入可否を素早く判断。
・納期の遅い注文の作業日を調整し、割り込み作業を優先的に受け入れることも可能。

稼働状況を監視し稼働率を改善
アラームや消耗品を管理し故障の予防を支援


稼働実績データのグラフ表示により、稼働状況を視覚的に把握可能。例えば・・・
・加工機が停止している時間帯の作業内容を分析することで、稼働率の向上に繋げられる。
・アラームの発生頻度や消耗品の状態を確認することで、トラブルを予防し加工機をいつでも安定して利用可能。

不良品の早期発見と、その作成指示の漏れを
防ぐ仕組みを構築


加工中にアラームが発生すると、その切断位置の部材は不良品となる確率が上がると予想できるため、一刻も早く不良品の有無を判断し、不良品に対する作成指示を発行して加工する必要がある。
・アラーム位置図形確認機能(CamMagic LA利用)は、NCプログラムとアラーム情報からアラームが発生した部材を特定可能。
・実績入力で不良品を入力すると、その指示がまとめ加工に届き、新たなNCプログラムの作成を後押しします。

材料や端材の在庫を簡単に把握

・使用材料を自動でカウントするので、材料の使用状況を把握でき、材料在庫が簡単にわかります。
・成形した端材のサイズを登録すると、次回端材利用が簡単にできます。

加工進捗管理と加工実績をリアルタイムに把握

・板厚、材質および納期情報からネスティングを行うので納期に応じた製品を材料の無駄を少なく加工。
・新しい受注を即座に追加ネスティングし、緊急オーダーに対してもスピーディーに無駄なく対応。
・NCプログラム転送以降、加工進捗状況と加工実績時間をリアルタイムに把握。
・加工実績時間は見積に活用できます。

メール通報機能により、加工停止を現場から
離れた管理者へ連絡


・メール通報(アラーム、完了など)機能により、機械を離れて他の仕事が行え、仕事全体の効率UP!
・アラームに応じて通報する/しないを指定可能。

この製品の紹介を動画で見る


この製品の詳細を見る(PDFファイル 容量:2.94MB)


「三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社」サイトへ

この製品に関するお問い合わせ 購入に関するお問い合わせ 仕様・機能に関するお問い合わせ ウェブサイトに関するお問い合わせ よくあるご質問
カタログ請求
他のお問い合わせを探す