ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

励突抑制開閉器(エネセーバ)

励突抑制開閉器エネセーバ「Gシリーズ」

励磁突入電流対策は新たなステージへ!

省スペース化のニーズに対応した小形品を新たにラインアップ。(TES-GB1形)
使いやすさとコンパクト化を追求し、電気の安定供給のためにエネセーバの進化は続きます。

仕様から探す

製品特長

無負荷変圧器の励磁突入電流(以下、励突)を約18A(6.6kV 3相 : 簡易計算)に抑制できます。
(3.3kVの場合は、約9Aに抑制)

励突抑制開閉器エネセーバ「Gシリーズ」

励突抑制開閉器エネセーバ「Gシリーズ」

電動操作による遠隔操作ができる「エネセーバ」! さらに使いやすくなりました!

小形・軽量・省スペース化のニーズに対応!

小形・軽量化機種「TES-GB1」を追加ラインアップ

抵抗体の配置を変更することで、小形・軽量化を実現し、省スペース化のニーズにお応えします。従来同等品(TES-GB2形)より端子間寸法が176mm縮小し、キュービクル筐体内における設計自由度の向上に貢献します。

< 参考 > 追加品(TES-GB1形)と従来同等品(TES-GB2形)の比較

「端子間寸法:176mm縮小」「設置スペース:31%削減」「総質量:16%軽減

追加品(TES-GB1形)と従来同等品(TES-GB2形)の比較

安心・安全の作業性・機能を拡充!(全機種共通)

絶縁バリヤの着脱作業性を向上

絶縁バリヤの着脱作業性を向上

着脱作業を工具不要のワンタッチ取り外し方式に変更しました。
相間バリヤと側面バリヤは同一形状としていますので、取り付け間違いを防止します。

引外しコイルに焼損防止機能を装備

引外しコイルに焼損防止機能を装備

新たに焼損防止機能を追加し安全性を向上しました。
連続通電による引外しコイルの焼損を防止します。

万一の連続通電の場合に、「PTCサーミスタ」が高抵抗となり、回路電流を小さく制限し、引外しコイルの焼損を防止します。 「PTCサーミスタ」は、電源をOFFにすることで通常の抵抗値に戻りますので、交換の必要はありません。

瞬時電圧低下対策(Gシリーズ全機種)

瞬時電圧低下対策

変圧器の“励突”により、配電系統の電圧を低下させるおそれがあります。配電系統の瞬時電圧低下は、10%以内(※)であることが求められています。

需要家6.6kV受電点での電圧低下(ΔV%)計算例)

注)上図は簡易計算例です。電力会社殿変電所~受電端までのインピーダンス値により計算結果は異なります。

高圧受電設備規程(JEAC 8011-2014)2014年10月改定

「変圧器」励磁突入電流抑制対策は、配電系統電圧の10%を超えて低下した場合と、具体的数値が追記されました。

分散型電源の系統連系 資源エネルギー庁「電力品質確保に関わる系統連系技術要件ガイドライン」(2004年10月)

第3節高圧配電線との連系 4項電圧変動 (2)瞬時電圧変動対策「瞬時電圧低下は常時電圧の10%以内」と記述されています。

系統連系用で豊富な納入実績、エネセ-バは電動操作式

省エネ対策「変圧器の待機電力削減」(GB1シリーズを除く)

変圧器は電源を供給しているだけで待機電力(無負荷損)が発生します。励突抑制により変圧器にストレスを与えず、変圧器一次側を開閉できるので、待機電力やCO2を削減できます。

待機電力(無負荷損)削減計算(例)

待機電力(無負荷損)削減計算(例)、省エネ対策推進
< 算出条件 >
①電力量料金
12円/kWh
②CO2排出係数
0.551kg/kWh
③年間運転停止時間
2,736時間/年
④変圧器運転停止条件
土、日、祝日停止:114日停止(2,736時間/年の停止)
エネセ-バは電動操作式