ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

マルチリレー(MP11A)

MP11A 形マルチリレー

特長

保護、計測、制御機能を一体化したマルチリレーです。オプションのアナログトランスデューサ、B/NET 伝送、CC-Link 伝送ユニットと組み合わせることで、様々な監視方法にも対応できます。

高機能

  • AC/DC共用電源です。
    (AC電源をご使用の場合はACバックアップ電源(B-T1)または無停電電源装置から供給をお願いします。)
  • 過電流保護協調は、5本の特性カーブを標準装備。
  • 事故時の故障電流(電圧)、動作時間※などの履歴表示が可能です。
  • テスト用模擬出力によりシステム試験の省力化が図れます。
  • トランスデューサ機能、B/NET、CC-Link伝送機能などの各種オプション機能を準備しています。
  • 残留回路の3CT方式にも対応しています。
    ※始動入力から保護継電器動作までの経過時間

高信頼性

  • フェールセーフ機能および各種自己診断機能が充実しています。
  • 携帯電話などの電磁波にも影響されにくい構造です。
    (携帯電話、PHSについては密着、5Wクラスのトランシーバーでは距離10cmで誤作動のないことを 確認しています。)
  • 万一のCPU異常時でも、強制用スイッチで遮断器のOFF操作ができます。
  • 遮断器の動作監視ができ、遮断器の動作異常が確認できます。

高経済性

  • 従来のメータと個別リレーに比べて、高い経済性を発揮します。
  • 複合化により、盤内配線を50%低減できます。(当社比)
    (扉配線26本→14本:フィーダ標準仕様の場合)
  • 豊富なシーケンス機能により盤内配線を標準化でき、設計、組立て工数を低減できます。
  • パネルカットが標準化でき、設計時間、盤加工費を抑えることが可能です。
    (お客様との承認作業がスムーズになります)
  • 部材削減により、管理コスト、調達コストを大幅にカットできます。
  • 工具不要の簡単取付けのため、組立て工数の低減が望めます。
  • 設定が簡単な複合形のため、急な仕様変更にも容易に対応できます。
  • 電流および電圧入力部の負担は0.1VA以下と非常に低負担です。

コンパクト

  • 外形寸法は、250×63×160と非常にコンパクト。
    特に奥行きは63mm(盤面より53mm)と超薄形になっているので、盤の多段積み化、縮小化が図れます。
  • 質量1.25kgと軽量なので、盤面の板厚を薄くすることが可能となり、コスト低減が望めます。

視認性向上

  • 通常運転時の背景を青色、文字を白色とすることで、液晶画面の見やすさを向上させました。
  • 保護機能動作時には、FAULTランプと同じ色(赤またはオレンジ)で液晶画面を点滅するようにし、列盤や段積みの状態でも、トリップや警報出力時に一目で分かるようにしました。
  • 高輝度バックライト液晶の採用により、上下視野角を拡大しました。下方向視野角は従来比約2倍、上方向の視野角は従来比約4倍に拡大しました。