ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

アプリケーションソフトウェア

ラインアップ

EcoMeasureⅢ

マルチデマンドビューワ

本ソフトウェアは、三菱省エネデータ収集サーバ「EcoServerⅢ」ならびに三菱省エネ監視サーバ「E-Energy」により収集、出力されるCSVファイルからの日報、月報、年報の帳票作成、および原単位分析グラフ作成をサポートします。

システム構成

日月報・原単位分析ソフトウェアを使用したシステム構成例

製品特長

簡単操作

Windows標準のインターフェース採用により、マウスで簡単操作

簡単設定

簡単なシステム設定のみで原単位計算及びグラフの表示、帳票の作成が可能

原単位計算結果表示

原単位計算結果はデータの高低を一目で確認できるカラーグラフで表示
結果の保存、印刷も可能

【ズーム原単位例】

ズーム原単位例

データ手入力

入力用仮想計測点を使って、日次(1時間ごと)、月次(1日ごと)の生産量の手入力が可能
グラフ表示、帳票作成も可能

日月年報作成

各種計測データをもとに日報、月報、年報の作成が可能

【日報例】

日報例

改正省エネ法対応

EcoServerⅢ(MES3-255B-DM/MES3-255C-DM)またはE-Energy(MES-DM1000)で計測した改正省エネ法の電気需要平準化時間帯の電力量をEcoMeasureⅢの日報、月報、年報に帳票出力できます。また、改正省エネ法の電気需要平準化評価原単位は、EcoMeasureⅢのマスタファイル(Excel)にユーザ独自シートを追加して計算させることで帳票が可能です。

ユーザ独自シート(電気需要平準化評価原単位)の例

※EcoServerⅢ(MES3-255B-DM/MES3-255C-DM)またはE-Energy(MES-DM1000)で電気需要平準化時間帯の計測を行うには、時間帯設定およびデマンドカレンダー設定(カレンダー設定、日パターン設定)に夏季(7~9月)及び冬季(12~3月)の8~22時を電気需要平準化時間帯として予め設定しておく必要があります。