ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

自動力率調整装置

ラインアップ

VAR-6A/VAR-12A

自動力率調整装置

電力用コンデンサの投入量を自動的に制御し力率の調整を行う機器です。
本機器の仕様により、力率割引による電気料金の低減、電力損失の軽減、進みすぎによる電圧上昇の防止を行えます。

6回路品

  • >VAR-6A

12回路品

  • >VAR-12A

製品特長

力率計測の精度アップ

  • 力率計測精度を±5%(従来機種)から±2%に改善。

コンデンサ容量自動認識機能

  • 当社独自のコンデンサ容量自動認識機能により、装置のセットアップが簡単です。
  • 自動認識したコンデンサ容量をロックすることも可能です。
  • コンデンサ容量を直接、設定することも可能です。

大型LCD表示

大形LCD表示イメージ

  • 現在力率値と同時にプラス1要素表示が可能
    プラス1要素は、電力、無効電力、皮相電力、電流、電圧から選択して表示させることができます。
  • 各種設定値を常時表示
    目標力率、軽負荷遮断電力比率、タイマ時間、制御方式を運転中、常時表示します。設定値の確認が容易に行えます。
  • コンデンサ容量値表示によりコンデンサ容量の確認が可能
  • サイクリック/優先順位/最適制御の3方式から選択できます。
  • 最適制御+サイクリック制御を行うことも可能です。
    最適制御時に等容量のコンデンサが複数回路ある場合、等容量のコンデンサ間でサイクリック制御を行うことができます。

コンデンサ数を多く必要とする設備にも対応可能

  • 12回路制御品のラインアップ追加
    大規模設備や低圧制御時など、コンデンサ数を多く必要とする場所でも12回路制御までなら1台で対応できます。
  • 2台接続によるサイクリック制御が可能
    13回路以上の設備や増設時に本装置を2台使用して2台間でのサイクリック制御を行うことができます。

軽負荷遮断や警報信号(外部)による保護遮断が可能

  • 軽負荷を検出するとコンデンサを自動遮断し、力率の進みすぎを防止します。
  • 外部タイムスイッチの信号で夜間などにコンデンサを遮断し、進みすぎを防止します。
  • 高調波メータリレーの警報信号でコンデンサを遮断し、高調波による直列リアクトルの焼損事故を防止します。