ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

電力量計

ラインアップ

スマートメーター

スマートメーター

30分ごとの電力量データを保持し、上位装置との組合わせにより時間ごとの使用電力量の確認ができます。

スマートメーター

  • >M4CM-RL
  • >M5KM-RAL
  • >M5KM-RL
  • >M5CM-RL

無線通信用機器・PLC通信用機器

無線通信用機器

無線通信、PLC通信でのシステム構築をサポートします。

無線子機

  • >SMC-WT

現地調整装置

  • >SMC-WM

無線親機

  • >SMC-WCA

運用保守ツール

  • >SMC-WV

無線中継機

  • >SMC-WRA

PLC子機

  • >SMC-PT

PLC親機

  • >SMC-PC
  

製品特長

豊富な通信仕様のラインアップ

4種類の通信仕様

  • 三菱スマートメーターは4種類の通信仕様(B/NET伝送、RS-485(MODBUS®RTU)通信、無線通信、PLC通信)に対応し、お客様の設置環境にあったシステム構築が可能です。
    また、上位装置の当社検針コントローラはB/NET伝送、無線通信、PLC通信に対応しています。

※MODBUS®は、Schneider Automation,Inc.の商標または登録商標です。

有線(B/NET)と無線とPLCの併用

  • 当社検針コントローラとの組み合わせにより、B/NET伝送と無線通信とPLC通信が混在したシステムの構築が可能です。

30分ごとの電力量の確認

30分ごとの使用電力量の計測

  • 三菱スマートメーター本体が30分ごとの電力量データを保持。(当日含め45日分)

時間帯別使用電力量のグラフ表示

  • 三菱スマートメーターで計測したデータを検針コントローラ等の上位装置で読み取り、Webで使用電力量の見える化が可能。電気の使用状況把握により、マンションやビルにおける節電・省エネ活動をサポート。

使用電力の見える化イメージ

スマートメーター内蔵開閉器の遠隔操作

開閉器の遠隔操作

  • 三菱スマートメーターは開閉器を内蔵。
    検針コントローラ等の上位装置の指示により、遠隔から開閉器のON/OFF操作が可能。

※開閉機能は単相3線式60A定格品のみに搭載

システム構築例

B/NET伝送

施行性・耐ノイズ性に優れ、バス接続・T分岐配線が可能。

B/NET伝送配線イメージ

無線通信

920MHz特定小電力無線によるマルチホッピング。(多段中継:最大20ホップ)
建物内に通信線が敷けない環境でのシステム構築が可能。

無線通信配線イメージ

RS-485(MODBUS®RTU)通信

標準化された通信インターフェースを採用しており、
汎用機器でのシステム構築が可能。

RS-485通信配線イメージ