ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

製品特長

小容量UPS用途別ラインアップ

小容量UPS用途別ラインアップ

シリーズ名 入力電圧範囲 出力電圧 出力容量(kVA)
FW-Sシリーズ AC85V~144V(※1) 100~120V±2%(※2) 0.7,1.0,1.5,2.0,3.0,5.0
FW-Vシリーズ(100Vタイプ) AC85V~144V(※1) 100~120V±2%(※2) 0.7,1.0,1.5,2.0,3.0,5.0
FW-Vシリーズ(200Vタイプ) AC200V~240V+10%、-15% 200V~240V/100~120V(※2) 1.0,3.0,5.0
FW-Aシリーズ AC81V~124V±3V 100V ±5%(※3) 0.7,1.0,1.4
FW-Jシリーズ AC100V ±10% 100V ±6%(※3) 0.5
FW-Fシリーズ AC100V ±10% 100V ±10%(※3) 0.35,0.5

※1) 1.0kW以上の容量を接続される場合は入力電圧AC100V以上でご使用ください。
※2) 管理ソフトウェア「FREQSHIP」、UPS設定ソフトウェア「UPSSET」により1V単位(200Vタイプは2V単位)で任意に設定可能です。
※3) バックアップ運転時

常時インバータ給電方式

高調波等の歪電圧波形をクリーンな正弦波にし、無瞬断でバックアップ運転に移行します。
FA機器(シーケンサ、パソコン、制御機器)といった高い安定性が求められる環境に最適です。

常時インバータ給電方式イメージ図

入力電源を、充電回路経由でバッテリを充電すると共に、コンバータ・インバータ回路を経由させることで入力電源の高調波、サージ・ノイズをカットし出力に安定した電源を供給します。
常時、インバータ回路が動作しているため、停電などの電源障害時でも無瞬断でバッテリからインバータ回路を通じて出力に電力を供給します。
UPS運転中に過負荷状態になった場合やバッテリの保守交換を実施する場合、電圧波形を同期させリレーを無瞬断でバイパス回路に移行し、入力電源をそのまま出力します。

ラインインタラクティブ方式

AVR(電圧調整)機能により、入力電圧の上昇・低下に併せ出力電圧を昇降させ、安定した電圧供給を行います。
バックアップ運転への切替も4ms以内であり、高性能サーバから通常のOA、FA機器に幅広く対応できます。

※AVR機能が連続動作する電源環境には、常時インバータ給電方式をご採用下さい。

ラインインタラクティブ方式イメージ図

入力電源を、双方向インバータ回路経由でバッテリを充電すると共に、そのまま出力します。
また、入力電圧の変動に対してはAVR(※)が動作し出力を100V±10%以内に安定化させます。

※AVR(Automatic Voltage Regulator:電圧調整)

停電などの電源障害時、リレーを開き入力を遮断する(標準感度:4ms以内)と共に、バッテリから双方向インバータ回路を通じて出力に電力を供給します。

常時商用給電方式

通常時は、入力電源をそのまま外部出力し、停電などのトラブル時にはバッテリからの出力に切り換えて電力を供給する方式です。
バックアップ運転への切替も10ms以内です。

常時商用給電方式イメージ図

入力電源を、充電回路経由でバッテリを充電すると共に、そのまま出力します。
停電などの電源障害時、リレーをインバータ回路に切り替え(切替時間:10ms以下)、バッテリからインバータ回路を通じて出力に電力を供給します。

※バックアップ運転時の出力波形は正弦波出力タイプのFW-Jシリーズと矩形波出力タイプのFW-Fシリーズがあります。

(※1)FW-F10H-0.3K、0.5KはMELSECシリーズと動作検証済みの為、使用可です。動作検証機種はをご覧ください。