ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

無停電電源装置(5kVA以下)

正弦波出力でPFC電源搭載機器に安心対応

停電(瞬停)や瞬時電圧低下によるバックアップ運転時の波形が正弦波であるため、PFC電源(*1)搭載機器にも安心してご使用いただけます。

*1:PFC電源とは「高調波電流」と呼ばれる電源ノイズを抑えるための力率改善回路(Power Factor Correction)を搭載した電源です。

【PFC電源搭載機器例】
デスクトップパソコン、サーバ、監視カメラなどのハードディスクレコーダ機器、液晶ディスプレイなど

機能設定の充実化

UPS設定用ソフトウェア「UPSSET」を使用し、以下の機能の有効/無効や設定時間を変えることができます。

1.UPSパワースイッチOFFによるコンピュータのシャットダウン

  • UPS本体のパワースイッチOFFに連動してOSを自動的にシャットダウンさせる機能
  • 「UPSシャットダウン機能」と併用することで、
    パワースイッチOFF→OSをシャットダウン→UPSシャットダウン
    までの一連の動作を行うことができます。(有効/無効)

2.シャットダウン時間設定

  • UPSシャットダウン信号が入力されてからUPSを停止させるまでの時間(設定時間:0~9999秒)

3.復電時のコンピュータ再起動(リブート)機能

  • 停電によるOSシャットダウン完了前に復電するとOSが停止状態になるため、UPSを設定時間の間停止させた後に、コンピュータを再起動させる機能(設定時間:0~9999秒機能)

4.起動時の突入電流回避機能

  • 起動時および復電時において設定した時間の間、入力電圧が低下してもバックアップ運転に切り替えない機能(設定時間:0~30秒)

5.セルフテスト周期

  • UPSが正常に働き、正しくバックアップが行われるかを確認する機能(有効/無効 0~99日)

商用起動方式を採用

バッテリ劣化時や長期無通電状態によりバッテリの電力が不足している場合でも、商用給電が供給されていればUPSから負荷への出力が可能です。

設置互換性

FW-Fシリーズと同一形状・サイズで、組み込みで使用されているお客様にもご利用いただけます。

※オプション部品は専用品をご使用下さい。

配置イメージ図1:縦置き
薄型、縦置き・横設置可能なコンパクトサイズ

配置イメージ図2:ラックマウント
ラック取付ユニット(オプション品)にて
EIA規格の19インチラックに取付可能