ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

力覚センサ

力覚センサ

力覚センサセット

ハンドにかかる力を感じながら、人と同じように組立・加工作業を行います。
微小な力加減・力検知を必要とする作業を実現します。

力覚センサの特長

  • 6自由度の力覚センサ情報を用いて、ロボットに力感覚を持たせる機能です。
  • ロボットプログラム言語(MELFA-BASIC)上で使用できる専用命令や状態変数を使用することにより、
    今までのロボットでは難しかった、微小な力加減・力検知を必要とする作業を実現します。

生産の安定性を向上

  • 部品のバラツキによる位置ズレ吸収や、微小な外力に倣いながら、部品を傷めずに挿入・組付けが可能です。
  • 作業失敗時のポジションラッチ、リトライ処理による作業安定性を向上します。
  • ログデータによる品質管理や作業ミスの原因解析ができます。

複雑な組立・加工作業を実現

  • 微小な外力に倣いながら部品を傷めずに挿入・組付けが可能です。
  • 接触時の力検知により、動作方向や押付け力を変更したり、位置情報や力情報を組合わせたトリガ条件にて、
    割込み処理を実行することができます。

簡単制御・簡単操作

  • 専用ロボット言語で簡単にプログラミングできます。
  • 代表的なアプリケーションプログラム例をもとに、お客様の作業に合わせて容易に作業プログラムの作成ができます。
  • ティーチングボックス上の位置・力データから、正確な位置を迅速に教示できます。
  • ティーチングボックスから位置と力のデータや、パソコンサポートソフトウェア(RT ToolBox3)上のグラフ波形を見ながら、作業状態の確認・調整が可能です。

主な製品機能

ロボットハンドにかかる力を感じながら、人と同じように倣い作業、嵌め合い作業を実現します。
力覚センサ機能

力覚センサの高精度化

力覚センサの進化により、高速・高精度な検査を実施します。
(FRシリーズQタイプはFシリーズと同等です。)

力覚センサの高精度化

重力オフセットキャンセル

姿勢変化時の力覚センサにかかるXYZ方向の力の変化に対応して重力補償します。
この機能により、姿勢が変化しても正常に力覚制御を可能にします。

重力オフセットキャンセル

教示作業支援 (力覚GUI搭載)

  • パソコンサポートソフトウェア(RT ToolBox3)や、ティーチングボックス(R56TB,R32TB)に力覚GUI画面を搭載。簡単に力覚センサの操作が可能です。
  • 力覚GUI画面で反力を確認しながらのティーチングが可能です。
  • 位置データに同期した力データをログデータとして保存できます。
  • パソコンサポートソフトウェア(RT ToolBox3)を用いてログデータをグラフ表示可能です。
  • ログデータファイルをFTP経由でパソコンに転送することができます。