ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELFA-Works(3次元ロボットシミュレータ)

MELFA-Works

3D-CADソフトウェア上で動作する3次元ロボットシミュレータ

パソコン画面上でロボットのシミュレーションが行える「MELFA-Works」。
ロボット導入前のレイアウト検討やデスクトップ上でのプログラムデバッグ、複雑動作経路の生成など、多品種少量生産時代にマッチしたプログラムが可能です。

■ ソフトウェアダウンロード

  • (バージョン:)
  • (バージョン:)
  • (バージョン:)
  • (バージョン:)

MELFA-Worksとは

  • MELFA-Worksは、3次元CADソフトウェア“SolidWorks®”(*1)のアドインツール(*2)です。(以下、SolidWorks®)
    SolidWorks®にロボットシミュレーション機能を追加します。
  • RT ToolBox2と連携して使用するMELFAロボット専用三次元ロボットシミュレータです。
    RT ToolBox2の機能を使用し、机上でロボットプログラムの動作確認をすることを目的としています。
  • レイアウト、装置間のアクセス、ロボットの動作範囲が確認できます。

*1:SolidWorks®は、(米)ソリッドワークス社の登録商標です。
*2:「アドインツール」とは、アプリケーションソフトウェアに特定の機能を追加するソフトウェアのことです。

MELFA-Works構成画面

MELFA-Worksの特長

  • MELFA-Worksの使用により、レイアウトやロボット動作を確認しながらの設計が可能です。
  • レイアウト検討に使用したロボットの姿勢データはそのまま使用可能なため、ソフトウェア開発時間短縮が図れます。
  • 簡単なロボットプログラムで動かせるため、ソフトウェア開発者以外でも作成可能です。
  • RT ToolBox2との連携により、ロボットパラメータの読み込み、ロボットプログラムの作成、編集、管理が可能です。
  • 複数台のロボットを設置することができます。(最大8台)

ソフトウェア対応バージョン

  • 一般的なWindows®で使用できます。
    Windows®7(32bit1.8~、64bit2.0~)、Windows®Vista(32bit)、Windows®XP Professional(32bit)SP3に対応しています。
  • Solidworks®の弊社における動作確認済みバージョン:Solidworks®2010~2012
  • 使用PC,対応OSはご使用のSolidworks®バージョンに適した推奨環境をご用意ください。
(※Windows®は、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標です。)