ここから本文

Factory Automation

 
文字サイズ変更

海外トピックス

世界各地での
e-F@ctory 導入実績

価値を生む、智能製造(中国活動レポート)

01
プラットフォーム・インダストリー4.0

国名:
ドイツ
実績:
三菱電機は、第4次産業革命に向けて、将来のものづくり戦略を決定付けるドイツ連邦政府プロジェクトに参加しています。

02
Stadtwerke Rotenburg an der Fulda

国名:
ドイツ
産業:
廃水処理
実績:
無人処理施設の3基のポンプに状態監視システムを採用。2つの駆動ギアボックスの故障を防止したことで、システム費用を回収。(新品のギアボックスにかかる費用とギアボックス修繕費用との比率:5対1)2万人超の地元住民の暮らしを支えています。

03
三菱ハイテクペーパー・ヨーロッパ有限会社

国名:
ドイツ
産業:
紙パルプ
実績:
大規模製紙工場の26基の重要冷却ファンに状態監視システムを採用。予定外の操業停止や復旧時間がなくなっただけでなく、機械や製品への損害もなくなり、1回の計画外の操業停止を防止したことで、システム費用の回収も実現しました。

04
ロシア鉄道

国名:
ロシア
産業:
輸送
実績:
込み入った計画・解明・追跡調査を必要とする多数の車両の修復。全段階での自動データ収集で、各車両資産についての正確な記録が可能になりました。これにより、安全性水準が高まり、資産の漏れがなくなったため、資産紛失の減少を実現しました。

05
三菱電機株式会社

国名:
日本
産業:
電機電子機器製造
実績:
短い切替時間で多品種少量生産に対応するために必要な既存生産ラインの近代化を実施。 稼働率1.6倍、生産性1.3倍、面積生産性を2.8倍向上しました。

06
日東電工株式会社

国名:
日本
産業:
電子機器
実績:
重要配線を特定するために、漏電監視装置を利用して、旧または既存配線に状態監視システムを採用。このシステムによって、工場の安全性が向上し、計画的な保守と国内規制の完全遵守が実現しました。

07
マルチ・スズキ・インディア

国名:
インド
産業:
自動車
実績:
15ブランド、150以上にのぼる車種を生産するのには高水準の自動化が必要。そこで、ミスを削減・管理できるよう、組立工程における完全報告を伴った「フールプルーフ化」が要求されました。部品取り付けミスの件数と、それに伴うやり直し費用を低減。多品種生産に付随する体制の複雑さと設置スペース、コストを減少し、保守が容易になりました。

08
インテル

国名:
マレーシア
産業:
半導体
実績:
既存の機械にシステム監視を追加することで、品質管理の向上と予防保全を実現。試験プロジェクトの後、インテルでは、将来の全社的節減額を900万米ドルと見積もりました。

09
IIC Testbed

国名:
アメリカ
産業:
産業市場分析
実績:
Factory Automation Platform as a Service(FA PaaS)への標準化した取り組みを開発するため、日立製作所・インテルと共同提案の「製造業向けIoTテストベッド」をIICが承認。

10
本田技研工業株式会社

国名:
メキシコ(日本)
産業:
自動車
実績:
データ・安全性・制御を柔軟なトポロジーで支援する、柔軟で新しい工場データ網を必要としていました。模範となるホンダのマザー工場である寄居工場(日本)での試験導入成功を受けて、メキシコの新工場で採用。製造コンセプトの標準化、操作知識の共有、保守の容易化などを実現しました。

ページトップに戻る