ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

設備設計効率化ソリューション

各種CADや3Dシミュレータとの連携などにより、設備設計フェーズのエンジニアリング工数の削減、品質向上を実現します。

1.生産設備設計における当社の取り組み

当社e-F@ctory Allianceの各メーカ様との連携により、設備設計フェーズのエンジニアリング工数の削減、品質向上を実現します。

1.生産設備設計における当社の取り組み

  • 電気CAD連携
  • 電気CAD連携
  • 3D CAD連携① 1
  • 3D CAD連携① 2
  • 3D CAD連携②
  • モデルデザインツール連携
  • 3D CAD
  • 電気CAD
  • MELSOFT iQ Works
  • 3Dシミュレータ
  • モデルベースデザインツール
  • 分析ツール
  • バックアップツール
  • リモートメンテツール

2.3Dシミュレータ連携

2.1 シミュレーション動作連携による机上でのメカ、制御の事前検証による立上げ期間の短縮

3D CADの機械モデルを使って、各社3DシミュレータとMELSOFT iQ Worksの各種シミュレータを連携させることで、実機を使わずに開発検証が可能です。
また、3Dシミュレータと当社各種シミュレータを同じ時間軸上で動作させることで、装置の各機構のタイミングの検証や、ライン全体のタクトの検証が可能となります。

さらに、ワークの形状、質量、摩擦などを計算できる各社の3Dシミュレータとの連携により、机上での設備の性能検証が可能です。

3Dシミュレータ

使用可能な当社シミュレータ

  • シーケンサ
  • モーションコントローラ
  • シンプルモーションユニット
  • ロボットシミュレータ

2.2 ロボットシミュレータを利用したプログラム自動生成による設計工数削減

各社ロボットシミュレータ上でオフラインティーチングを実施したロボットの各軸の情報からロボットプログラムを自動生成することができるため、ロボット制御設計・検証にかかる工数を大幅に削減できます。

MELSOFT Navigator

2.3 稼働データを利用した現地における装置の再現による迅速なトラブルシュート

当社シーケンサ(iQ-R、Qシリーズ)やロギングユニットなどを使用して設備の稼働時のデータをロギングしておくことで、各社3Dシミュレータ上でトラブルが発生して機械が停止した状況の再現ができます。
タイミングチャートを確認したり、プログラムロジックの各信号の状態を確認し、トラブルの原因を分析することができます。

デジタル空間で現場を再現

3.電気CAD連携

3.1 当社FA機器マクロデータを活用した電気CAD図面の作成効率化

図研様製品 E3.series、EPLAN様製品 EPLAN Electric P8向けに三菱FA機器のマクロデータを提供しています。
端子名称・種別や機器サイズなどの情報を含むマクロデータをダウンロードし、盤図面に貼り付けることができるため、図面を簡単に作成することができます。信号の接続の整合性のチェックや盤内の干渉チェック、配線長の算出も可能です。
マクロデータは、低圧遮断器やシーケンサ、駆動機器、表示器GOTなど約3,200機種を登録しており、今後も順次拡充していきます。

EPLAN Data Portal(EPLAN Electric P8に統合) E3.plus

3.2 電気設計の配線、信号名称などのデータ連携による設計工数削減、品質向上

電気CADの信号定義した名前をMELSOFT iQ-Worksのプログラミング変数となるラベルにエクスポートすることができます。
これにより、電気CADの信号名称を流用し、工程間の設計データをシームレスに扱うことで、設計効率向上、品質向上ができます。

電気CADの信号名称をiQ Worksシステムラベルインポート/エクスポート

EPLAN Electric P8用マクロデータ
EPLAN Data Portal

図研 E3.series用マクロデータ
E3.plus

4.モデルベースデザインツール連携

4.1 モデルベースデザインツール活用による制御ロジックの効率的な作成

  • MATLAB(統合開発環境としての数値計算言語)、Simulink(モデルベースデザインツール、シミュレータ)で設計・検証した演算結果(モデル動作)から、C言語コントローラ用のソースコードを自動生成することが可能です。

4.モデルベースデザインツール連携

適用範囲

  • 水のpHコントロール
  • 薬品の温度制御
  • 炉の液面制御 など

パートナ様製品ご紹介

電気CAD

世界の主要な部品メーカーのデータが登録された部品のポータルサイトを運営。このサイトに、各部品メーカーが、自社部品データの提供を行っているので、信頼が高く、常に最新のデータをEPLANユーザーは利用することができます。また、データの利用はサイトからのダウンロードではなく、ドラック&ドロップで直接配置が可能です。

電気制御・ケーブリング設計に新しい力!
E3.seriesは、「正しく早く」を簡単に実現できる最先端の電気制御設計用CADです。従来の作図型CADでは無く、設計データを統合管理できる設計DB型CADです。
三菱電機FA製品マクロデータを活用することにより、高品質な図面作成と大幅な設計の自動化を簡単に実現することができ、さらに強力な盤設計機能により、製造工程まで含んだ効率化が可能となります。

ECADシリーズは30年の実績を持つ、国内導入実績NO.1の純国産電気設計CADです。設計者の思考をダイレクトに反映する快適な操作性と、ユーザーの設計環境に合わせて選べる幅広いラインナップで、数多くの設計現場に採用されてきました。
三菱電機社製FA機器部品をはじめとする数十万点の豊富なマクロデータをサポートWebサイトからいつでもダウンロードでき、回路図面や外形図面を素早く、確実に描くことができます。

3Dシミュレータ

  • Demo3Dで設備モデルを作成し、シーケンサのラダーと結びつけることで、仮想的なテスト、試運転等を実現できます。
  • GX Works2と連携することで、ラダー・ロジックを「見える化」し、設備現場で行っていた現地テストの工数を削減できます。

SMASH®とシーケンサ実機、またはシーケンサシミュレータを接続し、SMASH®上に構築した設備・装置の3Dモデルを制御プログラムで直接通信しながらデバック作業を実現します。

ロボット実機、シミュレータとVirfit®3DシミュレーションをiQPlatformにてダイレクト接続。制御プログラムの検証が可能です。

Visual Components 3DAutomateは、物流シミュレーションとロボットシミュレーションを1つのシステムで実現する3Dファクトリーシミュレータです。3D上にバーチャル生産ラインを構築し、MELSEC、GX Simulator、RT ToolBox2を接続して、バーチャル試運転を行う環境をご提供します。

MELFAロボットを含むロボットライブラリを標準装備し、3D環境内で設備モデリング、工場レイアウト、ロボット適用検討、干渉チェック、設備/ロボットシミュレーションによるサイクルタイム検証とMELFA BASIC形式のロボットプログラム入出力機能によりロボットオフラインプログラミングを実現します。

100万部品を0.2秒で処理する3次元CADエンジンが、「設計情報を活用したデジタル立会い」と「メカ・電気・制御の融合設計」を可能とし、開発リードタイムの短縮と品質向上を実現します。

3D-CADデータを活用して、仮想のメカ(デジタル・モックアップ)を構築し、機構動作をシミュレートすることが可能です。3D表示にはXVLを活用し、高速な表示と動的干渉解析を実現します。

モデルベースデザインツール

線形代数、統計などの複雑な数値演算アルゴリズムをモデルベースで効率的に開発できます。
また、実装前に十分なシミュレーションが行え、早い段階でのエラー発見、修正が可能です。
さらに、ブロック線図モデルからC言語コードを自動生成することで、コーディングにおけるヒューマンエラーを削減することが可能です。

この製品に関するお問い合わせ 購入に関するお問い合わせ 仕様・機能に関するお問い合わせ ウェブサイトに関するお問い合わせ よくあるご質問
カタログ請求
他のお問い合わせを探す